2018年2月14日 (水)

2/12金剛山

この週末は3連休ですが1日目は雨で自転車登山は3日目にしようとしていました。朝の5時過ぎに出かけようとすると地面が雪で白い。これは遠出は無理だといったん家に戻り、近場の山にしました。ライブカメラではいい頃合いに雪が降っていた金剛山。

001 大和川堤防へ出るとこれ。河原が真っ白。この先では警察が通行止めをしていました。何があったんだろう。
002 迂回路では日陰となった道がおっかない。降りて歩くが、堤防沿いの道では日当たりが良いからこんな事も無いのに、と思いながら押し歩き。
003 柏原の市役所前では自転車のイベントが催されていた。見たところオフロード系なのでこの雪を災難とみるかうってつけと見るか。ロードの私には弱ったもので、夜明け前に走り出すのを諦めました。
004 石川河川敷のグラウンドは銀世界。この日のサイクリングは遠出をしたら電車賃だけ払っておしまいだったかも。
006 河川敷-国道の次に県道を登るのですが、ここもところどころ危ないのでその度に押し登りをしました。途中、塩カル散布の車に追い抜かれる。
007 雪化粧からハイキングは期待できます。
008 いつもの駐車場に自転車を止めると「よく来たね」と言われた。登り口からアイゼンが要りそうだったので装着してから歩き始めたがすぐに外す。階段道がメインで、先に歩いた人が多いから登りはアイゼンが要らなかった。
009 これは雪山ハイキングが楽しめます。
010 山頂も期待できます。曇っているのが残念だが。
011 到着。登山口から40分で、雪道でもいつものペース。
012 前に来たときよりカマクラが大きくなっていました。
013 いい樹氷であり、この日は登山客が多い。そしたら左の売店が満員。もう店にとっては客の入れ食い状態で、並んでおでんを買っていく。この日は稼いだだろうが、たまにはこういう日もないと山のてっぺんなんかで店をするのは面白さが無いよな。私はカップ麺にしたが椅子があかなかったときの保険。
014 樹氷の景色を眺めに葛木神社へ。
015 写真のウデはないので写りは良くないのですが、良い眺めでした。
017 この辺りは見応えがある、と思いながら歩いて
018 何気に湧出岳山頂へ。一等三角点もありますが、電波塔の方が幅をきかせている。
019 引き返して
019a 転法輪寺へ
021 山頂広場の左手を登ると見晴らし場があり、遠くでは日も照ってきたので良い眺め。
022 ここからの眺めを狙っていた人もいると思うのだが、私がいる間に人は来ず、反対側から来た人が一人だけ。
024 山頂広場も日が照ったが、すぐに曇った。
025 自転車と一緒にで登ってきた集団がいた。私もときどきするが、この日は雪が残っている区間が多かったので押し登りができる道まで自転車で走らなかった。皆さん基本MTBだが、セミドロップハンドルにブロックタイヤのランドナーという、ウケ狙いのような自転車もあった。
027 金剛山頂はにぎやかなのが似合う。この日の人の多かったこと。
028 さて帰ろう。下りではアイゼンが必要です。
029 いつも通り310号線から河内長野で輪行。

予定が外れて金剛山にしたけどこれで正解でしょう。
この日の走行距離49Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2/3高見山

さて今回は先々週に登ったものの雪が全くなかった高見山へ再登山。近鉄線で榛原まで輪行です。

001 車窓から見ると桜井までは青空が見えてたのに榛原では霧がかかってました。7時40分頃ですがもう霧氷バスの人が待っています。このあと走っていると霧が晴れた。
002 菟田野のコンビニを出たところで霧氷バスに抜かれた。8時にはバスの第一便が出ていた模様でバスには都合3台に抜かれた。これは高見山頂が混むぞ。写真は佐倉峠へ向かう道だが前日の天気が良かったので恐れていた凍結は見られず。
003 高見山、よく見えますね。これは頂上の景色も期待できるかな。
004 国道を外れてたかすみ温泉へ。この道は凍結が少し怖かった。
005 たかすみ温泉の駐車場は車が多い。ここまでのサイクリングでもよく抜かれた。
006 さて登山開始。テキパキ歩いて山頂が混む前に登りきるとしましょう。
007 今回は序盤から雪があります。登りなのでアイゼンはまだ要らない。
008 この様子だと高見杉でアイゼンを装着した方が良さそうだ。
009 高見杉。ここからすぐに急な坂道となるのでアイゼンを装着。
011 なかなか良い雪景色だ。
012 などと写真を撮りながら休憩している。それでもテキパキと歩いたつもり。
013 小峠の合流地点を過ぎても人は少ない。どうやら杉谷から登るバスの集団は追い抜けた模様。
014 さていよいよです。
015 先々週はさっぱりであった霧氷が見えてきました。枝に着いた雪の量は大したことない。しかし地面には雪が多いのでアイゼンでの歩幅が狭くなる。
016 頂上付近のここは別。これを見に来たようなものですね。
017 突き刺さるよう樹氷の姿
018 到着。雪の無い前回と同じで約1時間10分。雪に足を取られても同じだったのはバス組より先に登ろうとしたからでしょう。山頂はまだすいている。
019 霧の中で景色はさっぱり。下からだとよく見えてたのになぁ。
020 霧氷ももう少し欲しいところ。
021 避難小屋の上にある展望台で休憩中。ときどき日差しが強くなり、もしかすると霧が晴れるのかと思わせるからシャッターチャンスをしばらく待った。
022 さっきの豪快な樹氷、そばにいた人をモノサシ代わりに立ってもらいました。長さがよく解りますがよくこれで崩れないね。
023 再び展望台。すると登ってきた人の一人が「予報では昼から天気が崩れますよ」とのこと。最新の天気予報をチェックしているようだ。それなら待たずに帰ろうか。
025 40分ほど佇んでいたが帰ろう。登山客も増えてきたからバス便の人が登ってきたようだ。9時頃出発で2時間というところだろう。そんなに急いで登ることも無かった。ここの山頂はとても混むからその前に降りた方が良い。
026 高見山はこの時期人気だけど、山頂が狭く山頂広場のようなのも無いからやたら混む。先週の三峰山には八丁平があるがここにはそういうのが無い。バスとおぼしき人が私と入れ替わりでいっぱい登ってきたけど、混んだろうね。
027 私はテンポ良く下ります。
028 間伐林を安く搬送する手段は無いものかね。切るだけの放置が目立つ。
029 戻ってきた。時間は登りも下りもあまり変わらない。
030 登山前の写真と比べると明白に空が重い。山頂で聞いた天気予報は当たっていた。晴れるのを待っていても無駄だったということか。
031 さて帰るとしましょう。
032 今回は鷲屋川沿いを走り大和上市から輪行します。久しぶりのこのコース。以前は大和上市からも霧氷バスが出ていました。
033 吉野川に合流しましたが、特に冬の風情は無し。寂しいだけだ。
034 大和上市手前でようやく日が照った。単に標高を下ったから晴れただけで山頂は曇ったままだろう。

このあと近鉄線で輪行。特急に乗ったけど榛原からよりこっちの方が遅いね。
この日の走行距離64Km。なぜか速度計にリセットが掛かってしまった。たぶんこんなところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

1/27三峰山

再び寒くなり雪も期待できる、今回は三峰山。昨年は榛原から369号線を走り、路面凍結で2回も転んだ。
いい加減学習したので今回は名張まで輪行です。

001 車窓から見た榛原駅近く。写真の左右へ走る道が曽爾、御杖へ抜ける369号線。この様子では国道の凍結区間が長いぞ。
002 ところが名張では雪が無く快適に走り出せる。サイクリングを始めたとき、榛原周辺だけで雨に降られたことがよくあり不思議に思ったものだが、要はそういう土地らしい。
003 川沿いを上る道では物騒な警告が出ています。「最大寒波襲来中」とは少々大げさな。
004 とはいえ、昨晩の寒波も相当なものだったようで、ひなち湖ではダムに溜まった表層の水が凍って流氷みたいになっています。
005 ここはもう渓流の眺めだが薄氷が見える。関西では川が凍ることはあまりないのでは。道も時々危ないのでゆっくり目で走ります。
006 付近の山の冠雪の具合が期待させてくれます。
007 御杖村に入り、道の駅をこえて369号線の坂道。一応融けていますが自転車では危ないので押し登りの押し下りです。急坂のアップダウンがある。
008 国道を外れ、登山口のある青少年村へ向かう。パイプから流れる水が凍ってつらら状。冷え込みがきつかった模様。
009 国道を外れてから登山口までは概ね押し登りで予想より時間を使う。登山客用のバスには3台に抜かれたはず。
010 青少年村に着いてからも準備に手間取り登山口には11時前と遅い出発、サクサク登りましょう。前にいるのは霧氷バス組の最後尾。榛原から出ている臨時バスですが、3台も抜かれたのでもっと前にも人がいっぱいいます。
011 ダンゴになった登山客に足を止められたくないので、私は人の少ない不動滝コースを歩きます。ここでテキパキ歩けばメインコースでゆっくり登っている人をまとめて抜ける。
012 舗装道路が終わっていよいよ登山らしくなる。
013 不動滝。少し凍っています。人がいると物差しになりますが、それほどの規模でも無い滝。水量が大したことない。
014 滝から登山道合流地点の山小屋までは坂がきついが、出来るだけテンポ良く登った。この場所でここまでの雪景色はあまり経験が無い。
015 この日は寒いだけありなかなかの見応えです。
016 山小屋が見えた。ここでメインコースと合流。必然的に人が増えるからサクサクとは歩きにくい。
017 それでもこの眺めだと私の足もゆっくりになります。雑木林の景色となり、いよいよ霧氷見物の本番です。
018 杉林の雪も悪くないね。山頂近くだけにもう降りる人も結構いたが、早朝は道が危なかったでしょう。
019 頂上も間近。片足のアイゼンが外れたけど頂上で休んでからにしよう。
021 八丁平との分岐。枝に乗った雪がかなりの量。
023 樹氷のトンネル状態。
024 到着。デジカメでは11時59分とギリギリの11時台。この雪の量にしてはテンポ良く登れた。
025 本来は展望の良い場所だが遠景が無いのが残念。
026 頂上ではぞろぞろと人が登ってきて記念撮影の順番待ち。かなりの人数になってきた。榛原8時台のバスの人たちだろうか。
027 八丁平へ向かう道もこれまたすごい積雪。
029 八丁平では珍しいことに風が無く、ここでは遠くもよく見えた。これは良い日に登った。
030 そう思っていたら考えが甘く、一瞬風が止んでいただけであった。風が冷たい。デジカメは2枚も撮ると温度低下でバッテリー切れの警告が出るからその都度ポケットで暖める。
031 登ったことのある人はご存じでしょうけど、この八丁平は風が強く、雪山の頃は恐ろしく冷たい。じっとしてはいられません。地面に雪が積もっていないのは吹き飛んでいるからです。
033 樹木を風よけにするのが正しいが、そういう場所では積雪が多くて座り込むに向いていない。
034 遠くからこちらへ歩いてくるのは南側の飯高から登ってきた人かな。
034a 単に写真を撮っていたかもしれない。高台から見た八丁平の風景も素晴らしい。
036 寒さに負けて早めに降りる。山頂、八丁平にいたのは30分ほどしかない。出発が遅いので長居も出来ないのだが。
037 帰りは新道コースですがこっちも雪が深い。
038 この道から登る人は滅多にいないので早めに新道コースを下れば充分に人は少ない。
039 今頃になって青空が見えた。
040 霧氷には青空だね。頂上で見えなかったのは残念。
041 舗装道に戻ってからも雪が多く、アイゼンをしたまま歩きます。
042 川もいい雪化粧。もう少しです。上り下りの全区間でアイゼンを外さなかったのは初めてかな。
043 霧氷バスは5台も止まっていた。この日の三峰山は満員御礼状態ですね。この山は八丁平が広く収容能力があるのが利点だがこの日は寒すぎ。
044 霧氷祭り会場で休憩。ゆで卵を買ったら薄皮が白身にモロに貼り付いてた。末端の売り値で一個20円弱のモノを茹でただけで100円というんだから、この程度は気を遣って欲しい。
045 帰りの路面では雪が溶けていて自転車にまたぐことができた。
046 道の駅の温泉、姫石の湯で食事をしてから一風呂浴びる、これが心地よい。ところで、食事スペースはすいているね。風呂上がりに食事を楽しむのか、財布の紐が固いのか。風呂は混んでいた。

このあと名張まで走り、急行に乗り込む。帰宅は7時過ぎでした。
自転車の押し登りが長かったのとテキパキ歩いたのが効いて、翌日は足がだるかった。
この日の走行距離75Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1/20高見山