2019年7月16日 (火)

7/13京都

今回も前回に続き、北へ向かって雨雲を避けるコースで木津川沿いに京都へ。京都での観光は無し。

天気予報では午後から大阪も雨になる。
よく走る大和川沿い。
右に見えるのが浄化センター。今回はこのまま川沿いを走る。
ここからは初めてのコース。地図を見ると奈良までうまく走れそうだったのだ。
そしたら線路で道が分断されてて渡れるようになっていない。
近くに駅が見えたので迂回して平端駅の踏切へ。ちなみに先程の場所からは駅近くまでロクな道が無い。この部分は間違えたコース。
川ぞいに戻ると自転車道の青線が出てきた。
これが京都-和歌山のサイクリングコース、いわゆる京奈和自転車道らしい。
川は佐保川。
このまま走るとゴールは嵐山。どの道からここに合流するのが正しいのか。
しばらくはこの青線をたどって走る。路面の記号の意味がわからない。もしかしてSHは佐保?ベタだな。
川が二筋となる間に青線。ラインが無かったら別の道を走ってますね。
ラインが無くなったがしばらくは川沿い。
奈良駅まで走ったが、実は24号線のそばに来るまで佐保川沿いで良かった。
24号線のここは何度か走っている。木津までこの道。
木津川沿いのサイクリングロードへ。自転車乗りには有名どころ。
この道路は利用者が少ないから自転車が目立つ。車間を詰めて高速で走る集団も複数見かけた。たまに雨が体に当たる、雲行きは良くない。
この川幅なら合流地点はもうすぐだろうと思っていたがまだ先。
堤防の内側にこうして畑があるのは少ないよな。
国道1号線を通過。
合流地点の御幸橋。宇治川、桂川、木津川が合わさります。ここからが淀川だがこの橋の地点では宇治川ではなくすでに淀川。
やはりサイクリングの人が多い。しかしここでは小雨が降っていた。
この後は桂川。途中で鴨川沿いに乗り換える。道がよく解らないので度々GPSの世話になる。
河川敷は自転車にとって舗装が良くない。堤防を走るのが正しいようだ。
川沿いを外れて京都駅へ。雨なので観光地へ寄り道するつもりは無い。
京都駅に到着
帰りは新幹線輪行としました。これで三回目かな。しかし京都駅は観光客が多い。
新幹線だと京都-新大阪間まで20分無いので余裕で立ってられるが、たまたま来たのが自由席の多いひかり。輪行だが椅子に座れた。

新大阪からはおおさか東線。平野だとこれが便利。
この日の走行距離92Km

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

7/6福知山

梅雨で走る機会が減っている。
この週末はサイクリングをしたいと思っていたが、天気予報の降水確率がコロコロ変わるから走れるのか走れないのかはっきりしない。天気図を見ると梅雨前線は本州の南にいるので天気が崩れるとしたら南からだろう。北へ走る、目標は福知山で行けるところまでとしよう。

大阪市内を縦断するのは苦手なのでおおさか東線で南吹田へ。
初めて降りた駅なので道が解りにくかった。駅を出たらいきなりこの地下道をくぐる。
レガッタの練習ですかな。まだ7時になったばかり、朝練とはいえ早いな。
猪名川へ到着してここから川沿い。分岐する部分の東側の道を走り出す。
途中で西側へ行こうとしたが道が無い。元の場所に戻る。
少し迂回する形で西側の道へ。
ドンキホーテはパチンコ屋との併設が多いね、ここは123か。新世界はマルハンで羽曳野はゴルフだから特定のパチンコ会社と組んでいるわけでも無い。
このあたりは猪名川の景勝地。国道沿いよりこちらがお勧め。
一庫ダムへ。
雨が続いているがダムの水は余裕がある。雨に備えているんだろう。
今回はいったん国道から外れて亀山方面の道。能勢の田園風景が美しいコース。
雲行きがよろしくない。雲はゆっくりと南へ流れているから北へ走れば保つだろうと算段。
鹿島神社。京都府指定文化財とのこと。
能勢を出てからは国道477。このあと9号へ。
やっとこさという感じがした国道9号。交通量が思っていたより多い。ここで一瞬雨に当たる。
観音トンネル。これを通れば後は下り基調。
コンビニで新製品のエナジーコーラを買ったけどコーラとしてはまずい。エナジードリンクとしてはありがちな味。
交通量がやや多くサイクリングには気に入らない。進行方向を見ると天候は保ちそうだが
コンビニに寄ったおり、上を見るとこの空です。ところでこのコンビニは周囲に店が少ないのだろうか、大量に買い物をする人が多かった。
むこうは晴れているのだが体に雨が当たっています。福知山からもう一踏ん張りで舞鶴だが色気は出さないことにした。
もうすぐゴール。
福知山駅では電車の都合も良かったのでここで輪行。
やはり反対側の空はどんよりしている。今回のサイクリングは終盤では雨雲と追いかけっこしていたみたいだったな。
などと思いつつ電車で南へ戻ると空は晴れている。
駅を降りると日が差すほどに晴れていた。朝の予報では崩れるはずだったが。

翌日も晴れていて梅雨の天気というのは解りにくい。
今回のコースは途中から初めてだが国道9号はあまりお勧めでも無い。日本海に抜けるにはどの道がいいかはまた検討しよう。
この日の走行距離116Km

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

6/22蔵王峠~橋本

梅雨に入ったのと週末に用があり、二週もサイクリングが空いてしまった。体がなまっているので手軽なコースとして蔵王峠にしました。

大和川河川敷。ここままだ通勤コースでありサイクリングの気分が出ない。
柏原。護岸工事は終わった模様。
石川河川敷。自転車道なので落とせというのは自転車対象。
河内長野から滝畑へ登る。
この道は走るたびに思い出す。初心者の頃はこの坂を登るのにMTBの最低ギアを要したのだ。
滝畑ダムへ到着
カラ梅雨なので水は少ない。
かなり手前から川の模様に。
キャンプ場のある道へと登る。
下にあるのが光滝キャンプ場。この先で原チャリから「心霊スポットのトンネル知りませんか」と聞かれる。それはダムの東側の道、通り過ぎてるよ。
四十八滝には向かわず蔵王峠へ。
久しぶりの道。
大阪南部からだと、こういうサイクリングを楽しむには手頃なコース。
滝もある。このあたりは坂がきつくて押して登った。
蔵王峠。最初はここから県道で降りるつもりでしたが、走っていて体が温まった。少し遠回りをする。
堀越観音への登り道。実に久しぶりで、私が最初にサイクリングで100Km走ったのはこのコース。最高地点で標高約650M<
初夏の景色がなかなか良い。寺社には寄ったことが無かったのでちょっと寄ってみよう。
役行者像とのこと。あちこちで書かれているが弘法大師と誤解する。役行者と言えば山伏のオッサンで座っている像ばかりである。
交通安全を祈願
上にもお堂があるようなので寄ってみたが地味で寂しい。
上から見るとあの屋根、最後に葺き替えたのはいつかな。
この写真はインチキで、下り道を水平に撮っています。上が堀越観音の道で登り道。斜度の差が大きい。
ここからの下りは激坂が続く。補助ブレーキの世話になり、タラタラと降りる。サイクリングを始めた頃、このあたりのカーブでブレーキが間に合わず道から吹っ飛んだことがありまして。このブログを始める前のことなので載せてはいない。
このあと走る道があんなに下に見える。
急坂を脱出したあと、少し登って文蔵の滝へ。滝行で有名な場所だがこの日も車が多い。
これを指して「どこが滝だ」と言うツッコミは結構見かける。滝はこの上流にある。
この奥まったところに文蔵の滝があるのだが、行の最中で中には入れなかった。ところで滝行に参加するのは女性が多い模様。
道を下るとバイパスができて旧道となった国道480。
こっちはこっちで楽しいのである。
紀ノ川沿いに出て東へ
橋を渡っていったん南側の道。その方が車が少ない。
紀ノ川も水量が少ないのでいつもと違う眺め。
九度山から橋を渡ると出てくる小田井堰。かなりの見応え

このあと、やっちょん広場で桃を買ってから輪行。地元特産品だけあって安くてうまい。
この日の走行距離80Km

| | コメント (0)

«6/1行者還岳