« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

10/29御手洗渓谷

先週の桧塚奧峰で、「少々紅葉が早そう。紅葉で私が一番好きな行者還林道はこの週が見頃では」と思った。天川もみじ祭は次の週ですが一足先に天川村へ。

001 忘れ物をしたので朝2本目の電車に乗り、下市口へは7:39着。古市始発より1時間以上遅くなったね。下市口では輪行の人に会ったが和歌山へ走るとのこと。吉野川~紀ノ川沿いコースですね、これも楽しい。雨上がりの朝なのでいい空だ。
002 309号線を登ります。下市の街が見下ろせるここはなかなか景色がいい。
003 今回は丹生バイパスを通らずに旧道を通ります。
004 そして丹生川上神社で安全祈願。
005 登坂区間の入り口で休憩がてら写真撮影。天川は晴れるかな…
006 天川村に到着してモリクラフラフラでお買い物。店のオバチャンが「あらお久しぶり」。いや、開店前の自販機ならちょいちょい利用してますよ。
007 御手洗渓谷へ。紅葉はもうちょっと先で行者還りトンネル手前なら見頃かな。ところで、もみじ祭でもないのに警備員がいるね。
008 トンネル抜けて行者還林道に入ったら崩土で通行止め、またかいな。行者還トンネルの南側なのでトンネルまでは行けるのだが、この日は工事車両が入るからここで通行止め。「まま、自転車だから行けるとこまで」と交渉したけど許可されず。前はそれで通れたこともあったから交渉はするが私は押しが弱い。
009 さっき警備員がいたのは工事車両がくるからなんだね。ここの紅葉がもうちょいって事は今が峠のてっぺん付近では見頃のはずなんだが、残念だ。アテが外れた、さぁどうしようか。
010 洞川まで登っても吉野の領域に入るから杉林で紅葉は大したことない。洞川の鍾乳洞へ寄ろうかと思ったがクリート靴なので却下。御手洗渓谷の遊歩道にしました。ちなみにこの吊り橋、もみじ祭の頃は「重量は大丈夫ですか?」と思うくらい人が乗る。
011 御手洗渓谷も久しぶりですね。
012 この遊歩道はいい場所なんだけど、ここより上流の景色が気に入ったから寄らなくなった。
013 これだと見頃は来週かな。もみじ祭は11/5、6なのでそれで正解だろう。
014 この滝は豪快。「あの岩に人がいれば写真にも迫力が増すのに」と思う。ホントにいたら「あぶない」って言うかな。
015 ベンチで休んでたら滝が虹を作っていた。日が差した証拠で、天候良くなるのかな。
016 さて引き返そう。さっきの滝から上の道は面白くない。
017 天候はと言えばこれから崩れそう。雨上がりで晴れると思ってたんだがなぁ。ここでもアテが外れた。早々に帰るとしよう。
018 この色づきなら来週また来ようかな。その値打ちはありそうだ。
020 天川村を出て道の駅黒滝に着いたら青空が見える。これは実に良くあることで意外でも何でも無い。道の駅は割と流行ってた。コンビニが出来たのは効いていると思う。世間の人はコンビニ飯に慣れちゃってそれが便利に感じる。
021 黒滝の温泉で飯食って風呂にしようと思ったら食堂は休業中。避暑地だからそりゃそうか。
022 帰りは黒滝トンネルから帰ることにしました。アテが外れてばかりで気を変えようと思った。
023 村の中心部に向かっているのだけど道が寂しいね。川の景色はなかなか好み。
024 向こうに校舎が見えてこの辺りが中心部だが国道から外れているので人の気配は減る。人口千人切ってる自治体は色々大変だと思う。
025 久しぶりに走ったのでこの道で正解かなと思ったけど、道が少ないので間違える方が難しい。カーブを曲がったところに黒滝トンネル。
026 林業の土地ですね。手入れはいい方だと思う。
027 このあと、下市温泉に入るつもりが食堂は12時から、風呂は1時からでいま12時になったところ。飯食っても1時間待つ気がしないからパス。なんかアテ外れが多いな…
028 では特急電車の中で飯食おうと思ったら席が売り切れ。「桜の頃以外はガラガラの吉野特急がなんでまた?」と思ったらこれ。「観光特急・青の交響曲」です。「近鉄吉野線でこんなの成立するか?」と思ってたけど出来たばっかりなので今のところ人気はあるようだ。

特急の座席で食おうと思って買ったモスバーガーを普通車両で食ってね、色々アテ外れがありましたが、こんな時もあります。御手洗渓谷の紅葉は週末の天川もみじ祭の頃でビンゴでしょう。
この日の走行距離66km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

10/22桧塚奧峰

紅葉シーズンなので例によって紅葉狩りサイクリング。この日なら大台ヶ原が大盛況のはず。混みすぎていやだから私は人の少ない桧塚奧峰へ向かいます。

001 近鉄針中野駅前のファミマは駅ナカの扱いで24時間営業ではなかった。少し戻ってコンビニで買い出しをして大和上市まで輪行。始発ですが古市駅起点だと吉野行きの2本目に相当します。写真は大和上市のコンビニを出たところ。
002 以前の始発に比べると45分ほど遅い出発になるのかな。吉野川~高見川沿いを走ります。
003 針中野の始発は河内長野行きで私は古市で乗り換えるのだが、始発にしては乗客が多かったね。写真は川沿いの道で東吉野村へ。
004 丹生川上神社。紅葉が少し色づいています。この時は明神平ではちょうど紅葉が良さそうな予感がした。
005 川は四郷川に名前を変えて大又林道へ。道も次第に悪くなります。
006 登山口へ到着。今頃、大台ヶ原や行者還りトンネルの駐車場は紅葉目当ての車で一杯だろうに、ここは寂しい。山は素晴らしいので穴場ですな。
007 靴を履き替えて出発です。
008 いきなりこれだよ。また倒木が増えてないか?
009 この日は曇り空なので山の景色が冴えない。
010 明神滝を通過。
011 紅葉がいい色になってきましたよ。このあとの水くみ場で団体さんに会う。
012 これは明神平も楽しめるな。
013 と思っていたらこれ。紅葉はもう終盤です。ここは標高に対してこの地域の山より紅葉が少し早く、大体大台ヶ原と時期がかぶる。それでも早い、今年も秋が短いのかな。ところで団体さんは山小屋を利用するようです。先に来た人が準備をしている。
014 少し休憩してから先へ歩きます。この辺りで「桧塚はこっちですか」と声を掛けられたが、持っている地図がすごく簡易的なもので心配になった。桧塚は迷いやすい。「テープは丁寧に貼ってあるからそれを見て慎重に」と言ってから先へ歩く。
015 明神平を見下ろすのはいつもの構図。団体さんが到着した模様。
016 尾根沿いを少し歩きます。
017 むこうの雲がいい形だなぁ。と思ったが降るんじゃないのか?
018 明神岳に到着。ここから下ります。
019 ここも紅葉はもう終わりか。
020 でもまだ葉が残っているのも多い。全体としては後半から終盤といったところ。
021 やはり歩いてて楽しい山です。大阪から日帰りでは一番だと思うのだが知名度が低い。
023 もう少しだ。ここからの紅葉はなかなかいいね。
024 到着。登山開始からちょうど2時間。9月はサイクリングをせずに体がなまってましたがいつものペースになりました。
025 明神岳では遠くから見ていたけど雲がいい感じです。
026 紅葉と重なってこれがなかなか。食事休憩としましょう。
027 しかしこの様子じゃ少しは降るか。このあと少しだけぱらついたが天候は保った。
028 寂しい山ですが行楽日和で結構人が登ってきました。3回ほど記念撮影のシャッターを頼まれた。明神平で出会った今回初めてこの山に登る人も、無事到着しました。
029 桧塚方面に少し向かって
030 いつもの構図で写真を撮っておいた。ここの眺めはいいけどパッとしないのは私の写真が下手だから。
031 桧塚奧峰へ戻ってきた。名残惜しいが帰るとしよう。
032 豪快に倒れた木。こういうのはいっぱいあります。
033 明神平に戻ってきた。テントを張っている人もいますね。もう夜は寒いぞ。
034 登山口近くの道。ここも荒れている。
035 再び自転車にまたがってきた道を引き返す。写真は丹生川上神社の手前にある橋から。

この日の走行距離68Km。何度も走っているから解るがもうちょっとあるはずなので、途中で速度計がカウントしなかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

10/15高野山~玉川峡

今回も走り慣れたコースで体を慣らします。高野山~玉川峡です。

001 引っ越したので大和川河川敷が実質的な起点となりました。やけに朝日が大きく見える写真だな?
002 うっかり走り過ごした。手前にある橋を渡って石川河川敷へ。
003 もう桜の葉が散ってました。今年も秋が短いか?
004 371号線の裏道を通ります。
005 稲刈りも終わって秋の景色です。
006 紀見峠。久しぶりに写真に納めておこう。
007 370号線から南海線沿いの道へ。速度は出ないが480号線よりこちらが好み。でもこの道を選ぶ自転車乗りは少ない。
009 極楽橋駅を通過。下に南海線が走っている。
010 極楽橋からのこの道を上るといつも思うのだが、ケーブルカーは金額分の値打ちあるね。自力だとヒーコラ言うところをあっさり登る。
011 高野山へ到着。いままでより11Kmプラスなので77~8Kmというところです。
012 大門まで走って引き返す。
013 トンネルを抜けたところの展望小屋は鍵が掛けられてました。観光客にちょっと寄って欲しいというものではなかったようだ。そしたらどんな目的で造ったんだろう?銭が取れるものでも無し。
014 帰りは371号線を下ります。護岸工事をしていました。ここ、だいぶ前に台風で荒れた場所の一つですね。
015 玉川峡の景色は私の好み。高野山サイクリングが480号線ピストンならそれはもったいないと思う。
016 清流の景色は見モノです
017 久しぶりだから眺めるのが楽しかった。そういえば8月の一番賑やかな時期を走っていなかった。
018 やどり温泉で飯食って休憩。災害で客足が遠のいたからか、メニューがパッとしなくなりました。自転車で腹減ってたら唐揚げ定食がいいかと。量はあります。
019 五光の滝を眺めてから
020 玉川峡を下ります。
023 私が輪行バッグを出したその時に電車が来てね。電車の発着時間を見誤っていた。次の電車はのんびり待った。駅の雰囲気がいいので旅気分で待つことが出来た。
024 河内長野で乗り換えて近鉄針中野で下車。ここの商店街は店が多く食材も色々あります。電車の中でスナック菓子食わずにここまで我慢して食材買った方が良さそうだ。

石川河川敷までは11Kmプラスですが、駅からの距離が短いのでトータルの走行距離は11Kmより少し短くなりました。
この日の走行距離109Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

自転車を購入(DAHON QIX)

引越しをしたので自転車通勤となりました。片道12~13Km。通勤としては健康に良いといえる距離の範疇でしょう。

      天候次第では輪行もするから折りたたみ自転車を買おうと思い立ち、北浜と堺筋本町の間にあるLOROサイクルにて購入。小径・折りたたみ専門で商品の多い店で、予約注文せずに店頭で買いました。
001 買った自転車はDAHON QIX
      通勤用なので泥よけ、スタンド付き。荷台もあった方が良い。径は20インチ希望。そこそこ走れそう。この条件で探したらこの商品になった。荷台にボックスを置いて雨合羽、輪行袋、パンク修理キットを常備させれば便利そうですね。
乗り心地はまあまあ。カタログでは身長193cmまで対応可能でシートポストが長く、こぎやすい高さが出せる。Vブレーキでよく効く。変速のギア比幅が大きいので大和川越えの橋も難なく渡れる。小径折りたたみ故か、慣れるまでハンドルが振れやすくてちょっと怖かった。

002 これはフレームだけたたんだところ。真ん中を縦に折る方式なので自転車をたたむのが素早い。見ての通りこの状態で自立可能で、車輪を転がして移動させることが可能。この点については優れものです。ただし輪行には輪行袋が必要で、たたんだだけでは乗せてくれません。
ところで上の写真は大和川河川敷です。信号、交差点の少ない大和川河川敷を通勤コースに活用していますが、ついでに街灯も少ないので明るいライトが必要になります。

003 これは日本橋のシリコンハウス共立で購入したLEDライト。店で手にとって確認したかったので日本橋まで足を運んだ次第ですが、高輝度ライトで光の範囲を調整できるのがこれなので選びました。公称1200ルーメン(!)。実際の輝度は解らないが本当に明るい。
本当はINONのライトが欲しかったのですが自転車用には無駄にハイスペックで高価なので今回はパスした。買ったライトは4000円台ですが、18650という馴染みの無い電池を使うのでサラの電池と充電器も必要。それでも全部込みでINON-LE700の半分ほどの出費。

004 明るいのですが、使い心地はこれより暗いLE700の方が良い。LE700は水中写真用で光の拡散がきれいなので地面が見やすい。左は帰りの大和川で撮った写真、光を絞るとよく届きますね。

ところでこの記事を書くのにDAHONのHPを見ると2017年モデルにはQIXが無い模様。      悪くない機種だと思うが、何かあったのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

10/10金剛山

新居から初めてのサイクリング。少々ブランクがあるので手近な金剛山です。

001 以前は石川河川敷が実質的な起点だったのですが、平野に引っ越したので大和川堤防に変わりました。前の自転車はコンマ5秒ほどのフライングですな。
002 ここはいつもの石川サイクル橋。以前の住居と比べたらここまでの距離が11Km長くなりました。金剛山登山口までは24Kmだったので35Kmになる。
003 野球大会のようです。体育の日らしい企画。
004 登山口で自転車を停めて出発、実はこの日、駐車場がやたら混んでました。
005 やっぱサイクリングを一月休むとブランクがある。途中休憩しながら登る。
006 山頂に到着。人が多そうな写真ですが、実際に多い。
007 山頂広場はこんな状態。錬成会を対象にした「もみじ祭」なるイベントがありました。ロープウェイ乗り場のとこにある駐車場も満杯だったってね。
008 しかしもみじ祭って気が早いね。ここなら10末か11頭が見頃のはず。そりゃ紅葉は楽しめず。天気が良くて展望は楽しめました。
009 西川ヘレンさんが挨拶をしてました。これは錬成会がやはり挨拶で議員を呼んでいてそのつながりらしい。元国会議員の妻ですからね。「小さな事からコツコツと」で笑いを取ってました。
010 いつもより賑やかな金剛山でしたね。写真を編集して気付いたけど私のカメラにあわせて左の人が顔を隠している。
011 さて帰るとしましょう。
012 帰りも大和川河川敷を走ります。石川よりサイクリングする人が多いですね。

金剛山が片道35Kmになってしまった。以前は朝早く起きて山に登り、午前中に帰ることもできたのだが、これからはちょっと無理だな。この距離だとサイクリングだけで満足する人もいる。金剛山が近かったのは私の自転車スタイルにとっていいことだったのでちょっと残念。
この日の走行距離70Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

引っ越しました。

10月の初めに長年住んでいた羽曳野市から引っ越しました。

引っ越し作業があるのでしばらくはサイクリングを休み、ブログの更新も止まってました。そのぶん引っ越し作業がはかどったかというとそんなことはなかったですね。テスト前の高校生が「漫画読んじゃいけない、TV見ちゃいけない」と思っても勉強せずに我慢するだけで精一杯、あれに近い。

羽曳野はサイクリングをする分にはメリットがあって、石川河川敷という起点があり、ここから山の方に向かえばいいコースが多い。また輪行を活用しやすい。でも羽曳野市の道は好きになれませんでしたね。道路行政の良くない土地です。

移り住んだのは大阪市の平野区。勤務先は変わっていないので、以前の住居からそう離れていないのですが、走りにくくなったコースもあります。古市始発の吉野行きの電車に乗れないのは少々困る。でもまた新しいコースも増えるでしょう。

というわけでここから先のサイクリング記事は平野が起点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

8/20大峰山

諸事情あって更新が遅れました。これは8月末の自転車登山。関西では避暑観光の老舗、大峰山、山上ヶ岳です。

026 下市口まで輪行してから309号線を登る。丹生トンネルが開通しました。これをくぐると丹生神社をスルーしてしまいますが、神社の前の狭い道を避けるのに出来た道なのでそれは仕方が無い。
026 トンネル前の登坂区間ですが、ここから見ると天川は天候が悪そうで、雨だったら引き返そうと思っていた。
026 ところが天川は晴れていた。モリクラフラフラ前、ここから309号線と別れます。
026 下市口から洞川までは、山へ向かっているにしては走りやすい道が続きます。
026 洞川に到着。夏休みに入っているので大峯登山は賑やかになっているでしょう。
026 高校の美術研修会という名目のグループもいますね。
026 観光地を過ぎると道も寂しくなる。車はまだまだ通るんですが。
026 登山口に到着しました。やはり車が多い。
026 自転車を停めてここから登山開始。女人結界門です。
026 大峰山は観光名所なので登山道の整備が良い。
026 ちょっと休憩。ここに水くみ場があるので多くの人が休憩します。
026 洞辻茶屋。ここでも休憩して飲み物を購入。今回は疲れやすかったので休憩が多い。
026 尾根筋までくると植生が変わったと思いますね。
026 高いところまで登った感がある。
026 登りでは鎖場のある道を選びました。この先にあります。
026 その鎖場。子供が順番に登っていました。
026 鐘掛岩に登ってみました。後ろに迂回路があり、そこから登ります。正面から鎖で登る人は少ないだろう。
026 下を眺めるとこんなのですからね。
026 そしたらさっきの子供の一人が登ってきてね。これは驚いた。
026 西の覗。ここでも休憩、とにかくヘトヘトでした。
026 やっと、大峰山寺まで到着。この下で休憩したとき携帯を落としていて取りに戻ったが無事発見。
026 ここが山頂ですね。右下に一等三角点があります。
026 疲れていたので木陰で1時間ほど寝ていました。
026 ところで、なぜこの山頂広場は「お花畑」なんだろう。地面はササばかりで花畑にはなるまい。なによりネーミングに芸がなさ過ぎ。
026 日本岩。これも芸が無い名前。山頂では寝転んで時間が経ったので降りるとしましょう。
026 帰りはの道。鎖場を迂回する道です。行きと同じ道を歩くと鎖場の部分では登りと下りでダンゴになる。
026 だいぶ降りた。これから登る人たちもいる。宿坊があるから泊まるんだと思う。
0267 再び自転車にまたがって帰り道。数年前に完成した「陽明門」に立ち寄ります。ぶっとい柱ですね。
029_2 中に入ったけど観光客は私一人だった。「この柱、よくこんな木材がありましたね」と聞いたら「それはもう全国各地から」と返事。吉野杉の土地だからと思っていたのに少々興ざめである。
030 再び洞川の旅館を通り
031_2 自転車で来た道を引き返します。この日はいつになく疲れた。

この夏は暑かったですね。このあと9月にもなると台風がいくつも来て、異常と言うか少々荒っぽい天候が続きました。
この日の走行距離76Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »