« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

1/28三峰山

寒波がまた来ていれば御船の滝を観に行くところなのですが、どうも気温は上がる模様。三峰山にしました。

001 写真は布施駅。前回の近鉄八尾駅とほぼ同じ距離だが、こちらの方が急行が停まるので目的の榛原には早い。
002 榛原駅。霧氷バスはまだですが早くも待っているとおぼしき人がいます。私はサイクリングだが目標は「三峰山バスには御杖村に入ってから抜かれよう」弱気である。
003 369号線を走って御杖村に向かうのですが、天気がいいわりには路面が怪しいね。霧氷バスは停留もなく信号もロクにない道だが1時間強を見ている。私は2時間強で着けたらいいかなと。
004 登り道が続くので立ちこぎにしたら後輪が一瞬滑る。微妙に凍結している、あぶねー。サドルに腰を下ろしてゆっくり登ります。
005 車道以外は雪が残ってますな・・・。
006 トンネルが見えると下り道ですが、この手前でタイヤを滑らせて転んだ。一応受け身が取れたので一時的な打撲痛以上のケガは負わず。ここで最初の三峰山バスに抜かれました。御杖村どころか曽爾村の手前で抜かれてます。弱気じゃない、弱いんだよ。
007 トンネルを抜けて曽爾村。この路面はあぶない。ところどころ自転車から降りて歩きます。
008 あぶないのは自転車だけではない。下り道で制御不能になったんですね。
009 曽爾村とはお別れ。鎧岳が遠くに写っています。
010 この手前で路面凍結のためもう一度転倒。前回と同じ姿勢で倒れていた。もしかして私の持ち芸になりつつあるのでは、転び方が堂に入るなど全然嬉しくない。
011 国道を外れて三峰山へ向かうのだが、雪がなさそうで気になるなぁ。
012 道路には雪が残っているのだが、山頂は寂しそう。
013 霧氷祭りを催しているキャンプ施設に到着。ここに来るまで抜かれたバスは3台。この日は山頂が盛況でしょう。自転車を停めて登山支度に。
014 登山口。押し歩きが入ったり転んだりしたぶん、予定より遅れて10時の出発。
016 私は利用者の少ない不動滝を通るコース。ペースが少々速いぶんワガママに歩くからこちらを歩きます。路面の雪は少ないけど固くて、自転車で難儀したのと同じパターンだ。下りだとアイゼンが必要な状態。
017 舗装道路から登山道へ。
018 不動滝。これを見なけりゃ損をする、という程のものでないからこの道は主要コースでは無いのかと思う。
019 とはいえ、こっちの道を利用する人も多い。
020 ここの登りは結構きつい、テンポ良く登ろう。
021 登山道の合流地点。ここの避難小屋でアイゼンを付けます。先にいた人が暑そうにしていたが、私は登山口から上着を脱いでリュックにしまっていた。この日は気温が高くなる。
022 遠くから見たとおりで樹氷はさっぱりでね。
023 そのぶん展望がいい。
024 到着。登山口からちょうど1時間でした。このコースはテキパキ登ると1時間。ゆっくり登る人は2時間を見ていた方がいい。
025 さっきも書いたけど展望はいいんだけどね
026 樹氷がなくて寂しい。長居することもない、八丁平へ
027 この八丁平がこの山のウリでしょう。頂上近くに何人でも休憩できる広い場所がある。今日はいい眺めだなぁ。そして風がない
029 ここで強風を気にせず昼飯を食ったのは珍しい。皆さんいい景色の場所を選んでくつろいでますが、例年通りだとなかなかそうはいかない。
030 いい眺めです。
031 もちろん写真撮影の人が多数。
034 例年だと風に耐えながら眺めるのですがこの日は余裕。
035 景色も堪能したので帰るとしましょう。
036 高見山ビューポイントより。綺麗に見えるなぁ、この日はあの山頂からの眺めも絶景であろう。
037 さて帰り道は登りとは別ですが
038 こんな景色が長々と続きます。この辺りで12時のサイレンが聞こえる。場所は高見山へと続く登山道との分岐点の辺り。
039 舗装道路に出ましたが、まだまだアイゼンが必要な状態。青少年村の手前で外した。
040 雪化粧の渓流の景色はいいですね。
042_2 無事帰還して登山終了。バスは4台停まってました。
043 神社にお参り。賽銭泥棒が出たとか張り紙があった。
044 道の駅御杖、姫石の湯。ここでゆっくり飯を食って温泉に浸かる。他の人より出発が早いから空いているのでのんびり浸かる。私が湯から上がったときに脱衣場が混雑していた。3時前にバスの第一弾がここに付いた模様。
045 帰りは368号線で。サイクリングとしてはこの道の往復で済ますのはちょっと味気ない。だから榛原から走っている。
046 ひなち湖を通って名張から輪行。

今回は2回も転倒しました。名張からではなく榛原から走るのはサイクリングも楽しみたいと思うからそうしているのですが、やめた方がいいかも知れない。
予想より暖かかったですね、このまま冬らしさの短いまま暖かくなりそうな気もする。
この日の走行距離75Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

1/21高見山

この日の前日は天候が少し崩れた。山が雪だったらいいけど途中のサイクリング道までも雪だったら困る。サイクリングが楽な高見山にしましょう。

001 久宝寺口からの輪行は実に気に入らなかったので近鉄八尾から。こっちの方が遠いけど、出発から30分程度で駅のホームに着いたのでこれでもいいだろう。慣れればもう少し速くなる。
002 榛原では登山客が次々とバスに乗る。霧氷バスと名付けられた高見山と三峰山行きの臨時バスはここから出る。どちらも雪山ハイキングで人気のある山。今日は雪山が狙いの日だ。
003 私は高見山登山口へ。途中でバス2台に抜かれたかな。バスは166号線沿いの登山口なので同じ高見山でも私とは違う場所へ行く。帰りは私と同じでたかすみ温泉。
004 登り口が違うのは行きと帰りでコースを分けているからで登山道が混雑しないようにの配慮だろう。166号線から登るのはあまり良い道ではない。
005 佐倉峠手前では雪が残ってた。ゆるゆると登ります。
006 峠の下り道では幸いにも路面凍結であぶない部分は無く、東吉野村へ。
007 橋の部分では降りて歩いたところが数カ所ありました。
008 高見山で正解か。この雪なら三峰山では途中の道でトボトボと押し歩いているはずだ。ところで高見山が見えない。これじゃ山頂からの展望は望めない。
010 国道を外れると雪化粧が更に深くなる。見栄えはいいんだけど、自転車だから足下がね…不安でしょうがない。
011 たかすみ温泉に到着。もう車がいっぱい停まってました。バスも多かったし、頂上は混むだろうな。その前に登ろう。
012 登山口。実は問題があり、ストックを忘れていたのです。無しで登っている人も多いから何とかなるだろう。
013 雪は積もってますが登りであり、まだアイゼンを付けるほどではない。その辺で拾った枝を杖代わりにして登りました。やっぱりストックは要る。
014 序盤の道でここまで雪が降っているのは珍しい方。ちなみに序盤は高見杉までで、そこから小峠コース合流までの登りが中盤でしょうか。
015 その高見杉。ここでアイゼンを装着するので小屋に入る。ここで休憩している人は多かったけど休憩とおしゃべりタイム長かったね。私が一番あとに入って一番先に出た。
016 高見杉からの急坂は杖が欲しくなる。棒きれでも拾ってきて正解。
017 登山道の合流地点ではバスで来た人ともここで合流します。ここからが登山コースの終盤でしょう。樹氷の世界が待っています。
018 これを目当てに皆さん登っています。
019 前日に降った雪が多く、先に歩いている人も少ないのだろう。雪道は歩きにくかった。
020 晴れてくれればいいのだが、そう都合良くもない。
022 この辺りでもう何人も降りる人とすれ違った。展望がないから早めに退散したんだろう。
024 冬の高見山はこれが見モノ。豪快に突き刺さった樹氷。
025 写真には躍動感があるけど風は無かったと思う。
026 山頂の手前。ここが一番派手です。
027 到着。展望がないから山小屋の上に人がいない。
028 登山口から1時間20分、雪も多かったからこんなところかなと。雪が積もってたので賽銭をねじ込むようにして入れた。
029 予想はしていたのだが展望がない。
030 雪は素晴らしいのだが・・・
031 山小屋の上で視界が開けるのを待つ。この日ここで自転車メットのオッサンを見たらそれは私です。だんだん人が増えてきたぞ。
032a 時々視界が開けるけどすぐ元に戻って見えなくなる。この程度でも待って撮った写真なのだ。
032 神社の奥に行ったけど、やはり視界は良くない。人ばかりが増えたので降りましょう。
034 名残惜しくはあるが降り始める。
035 降りる途中で転んで杖代わりの枝を一本折ってしまった。二本確保していたからよかった。杖は登りより降りるためにある。
036 なんだ、今頃晴れてきたぞ。あとから登った人は景色を楽しめたかな。
037 今回は雪が多かったね。
038 登山口へ戻ってきた。
039 私はここの温泉には入らず、すぐに自転車で出発。ここの温泉はバスを利用する人たちが降りてくると順番待ちになるほど混みます。
040 帰りの166号線にて。行きでは見えなかった高見山がよく見える。今頃山頂の景色はいいだろうなぁ。激混みだろうけど。
041 道の駅大宇陀へ向かう。その手前の166号線は意外とアップダウンがあるから地図で見るより長く感じる道。
042 私が利用する温泉はここ「あきのの湯」風呂の湯温が数段階あるので雪山で冷えた体もゆっくりと暖められます。
043 すっかり長湯した。再び榛原まで走ってそこから輪行。もう少し駅から温泉が近いといいのだが。

今年も暖冬でダメかなと、年の初めは思ってましたが順調に寒くなる。今日の雪山ハイキングは雪が多くてよかった。
この日の走行距離71Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

1/15金剛山

冬らしくなってきました。雪山の景色を狙って金剛山に登ります。

001 元日に走った309号線を走ります。早朝だと走りやすいようだ。
002 ここから左へ走ると以前私が住んでた地域になる。真っ直ぐ走ります。
003 川西大橋。石川河川敷に合流。このコースだと以前より5Kmほど長くなる。大和川河川敷から石川河川敷を走るとを走ると11Km長くなる。
004 さっきの場所からは今までよく走ってたいつものコース。
005 309号線を外れて登り道へ
006 登山道へ到着。
008 まだ雪は少ない。
009 少し樹氷が見える程度でアイゼンは要らなかった。
010 このくらいの雪化粧を好む人もいる。雪国育ちの人に言わせると降ったうちには入らないようだが。
011 到着。登山口から40分。普通に歩くペースなら35分が限界だと思う。
012 天候は冴えないので展望は無し。
013 葛木神社にお参り。
014 お寺の方では寺務所が閉まってた。まだまだ稼ぎ時だと思うのだが天候が悪い?食堂は余裕で開いている。
016 10時前だが賑やかなものです。
017 雪を目当てにこれから登ってくる人は多い。私は早めに降ります。
018 下りもアイゼンは必要ありませんでした。
019 帰りは310号線から、河内長野で輪行。

309号線で川西大橋まで走ると、大和川-石川河川敷より6Km短い。でもサイクリングとして楽しいのは河川敷コース。
どちらを選ぶかはその日の気分次第でしょう。
この日の走行距離41Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

1/7大普賢岳

今年は暖冬です。正月明けからいつもの寒さになるとのことですが、天候が良いので雪が降らず、雪山を楽しめません。そうしたらこれを逆手にとって普通の雪では登れない雪山にしましょう、大普賢岳に登ります。驚いたことに山頂から富士山が見えました。

001 大和上市から169号線で川上村へ。羽曳野市に住んでいた頃とは1本遅い電車に乗るので奈良県南部への自転車登山が難しくなる。1本とはいえ44分も遅い。
002 つまり私がここによく書いている自転車登山というのは住んでいた地域に合わせた遊び方ということです。いつものように大滝ダムを登る。
003 大滝ダム方向を振り向いて。私の影がこんなに長い、走っていると朝日がまぶしくてね。
004 昨年も走っているのががやたら久しぶりに思えるこの景色。
005 お約束のループ橋。
006 新伯母峯トンネルを抜けて和佐又への登り道。ここからの道は急勾配。
007 漕げない坂は押し登り。またそういう場所に絶景のポイントがあるから写真を撮る。
008 道が凍っている部分でも素直に押し登り。自転車に乗ったままならなら100%こけます。
009 和佐又ヒュッテに到着。雪の降らない冬というのは寂しいもので車は6台だったかな、自転車は私一人。駐輪代は100円と、毎回料金が違う。ここで駐輪代を払う人はよほど珍しいようだ。ここで靴を履き替え、どん兵衛を食って腹ごしらえをして、飲料を購入。登山届もここで書きます。
010 客がいなかったからヒュッテに品揃えがなく、私が買ったのは炭酸水。スポーツドリンクも無かった。客寄せになる雪も少ない、しかし私は雪の少なさを狙ってここに来た。この雪の量なら2時間で登れるだろう。
011 和佐又山との分岐に到着。
012 どこでアイゼンを付けるべきか。大普賢岳と言えば梯子段、アイゼンを付けると登りにくくなる。
013 ほんとに雪少ないね
014 登山道の階段で水が凍っている。これはあぶない。そろそろアイゼンの出番か
015 結局前回と同じ場所でアイゼンを装着。日本岳のコル
016 石の鼻に到着。
017 今日は遠くまでよく見えるな。
018 アイゼンだとこれが歩きにくい。私は軽アイゼンなのでつま先を使って登る。
019 これが難所。小普賢岳分岐。かなり急な上り下りがある。雪も多く、膝より深くはまったと思える深い足跡がありました。
020 しかしここを超えて小普賢岳が見えるとあと少しです。
021 すぐに小普賢岳の高さを追い抜く。
022 あと一息。
023 到着。ヒュッテ出発から2時間弱。
024 先に到着した人が景色を眺めてますが、
025 この日は気味悪いくらい遠くの山が見える。
026 素晴らしいね。この眺めの良さは冬だからだろうね。
027 稲村、山上ヶ岳の方角ですね。私のカメラは胸ポケットに入るコンデジでうまく撮れませんが肉眼ではまだまだ遠くが見えます。
028 写真ではうまく写ってないけど向こうに市街地が見えるんですよ、どこかな。こんなに見えるなら双眼鏡を持ってくるべきだったね。
029 しかし気味悪いくらいの眺めの良さ。遠くの山が見えすぎてどの辺りの山か想像も付かない。先に来てた人が山に詳しく、色々教えてくれましたが「ほんまかいな」と思うくらいに遠い山の名。「富士山が見えましたよ」ええっ?
031 032
033 東が見える方角へ少し歩くと、私のカメラではこれが限界ですが、冠雪した富士山が見えます。奈良から見えるんだよ。大台ヶ原、日出ヶ岳の山頂展望台には展望地図に富士山が描かれているけど「見えるわけ無いだろ」と思ってた、実際見たこと無い。でもここより富士山に近いから見えるよね。天気さえ良ければ。
034 もう一組登ってきました。この日は登る人が少なく、会ったのは6人。この人達も天候さえ良ければ富士山が見えることを知っていた。割と有名なんだな。
035 しかし名残惜しい景色ですね。
036 長居も出来ないから降りるとしましょう。1時過ぎに下山を始める。
037 笙の窟。そばにある歌碑には「笙の岩屋にこもりて  寂莫の苔の岩戸のしずけさに涙の雨のふらぬ日ぞなきなき」とある。露の表現でしょうが、こんなところで山ごもりしたら寂しくて本人も涙を出しただろうね。
038 和佐又山が大きく高く見えるとこまで戻ってきた。手軽な雪山登山の山ですが、全然雪がないよ。
039 ヒュッテに戻ってきた。下りは1時間半。ヒュッテを借りて帰り支度をする。
040 下りでこれはあぶない。国道に出るまでトレッキングシューズを履いてました。トンネル手前で靴を履き替える。
041 スイスイッと下って大和上市から輪行。

実に良い眺めの山頂でした、こんな日もあるんですね。他にも阿倍野始発の吉野行き輪行でも日帰り往復できたのはいい発見です。
ところでこちらは山頂でお会いした人でしょう。私よりもっといい富士山の写真があります。
なんとこちらでは高見山からも富士山が見えたとのこと。この日、奈良県から富士山を見た人は何人くらいいるのでしょうか。
この日の走行距離82Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

1/1大和葛城山

天気がよかったので元旦は初日の出を観に行きましょう。大和葛城山です。

013 時系列を無視して初日の出の写真から。正月はこういうものです。
001 3時過ぎに自宅を出発。309号線ほぼ一本のサイクリングコース。登山口も309号線沿いにあります。
002 車が少ないので走りやすかったけど、明るくなってから走る分には混むだろうね。
003 近鉄電車を超えます。
005 水越峠の前に車で上れる登山道があります。ライトの電池を交換してここからは押し歩き。
006 この道、当然ですが街灯など無いので自転車ライトの明かりがなければ真の闇です。
007 少し空が白んできたところで鉄塔が見える。もう少しです。
008 山頂は人でいっぱい。ロープウェイは混んでただろうね。
009 日の出まで時間があるので山頂の写真を撮っておく。
010 金剛山と比べると日の出が見れる場所が広く、見栄えが良いので葛城山にした。日の出が見えそうになかったら、神社仏閣が山頂にある金剛山の方がいい。
011 今年は暖かくて晴れていたので山で日の出を拝むには向いている。
017 2017年元旦。良い年でありますように。
014 日の出の瞬間、拝む人はほとんどいなかったかと。一番多いのはスマホを掲げている人。
015 初日の出を拝んだらそそくさと帰る人が多かった。帰りも混むからね。
016 私が歩いた道は他に誰もいない。明るくなった登山道を下り、帰りは電車で輪行しました。

この走行距離52Km。押し登り込みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »