« ロード購入① 4万km走行 | トップページ | ロード購入③ 自転車店へ »

2017年3月30日 (木)

ロード購入② 自転車を選ぶ

新しい自転車を買います。まずはフレームです。

新しいフレームも前の自転車で楽しませてくれたクロモリ、のはずでした。ところがこれが難しいんですよ。クロモリは「フレームビルダー」と呼ばれる中小のメーカーも入るので幅が広がりすぎます。その上に個性派もあるので試乗で乗って「これ面白い」と候補に入れると迷う迷う。

あんまり考えすぎてクロモリ基準はやめました。メーカー基準にしましょう。
そしたら4万Km走らせてくれたANCHOR一択。悩まなくてもいいから楽だ。同じクロモリだと芸が無いのでカーボン、ロングライド用のRL8がある、今年はRL9にモデルチェンジする。RL8は以前試乗した記憶があり、感想は悪くなかったはずだ。何よりブリヂストンのアンカー、信じているぞ。

ところで、ロードには9年間乗った事で妙なこだわりがあります。これで他の部品も見積もっていく。

・フレーム
まずこれは、さっき決めたこと。ANCHORのRL。

・ギア周り

低ギア比があること。自転車は登れないと面白くないし、私は貧脚。最近はロード用で32Tのスプロケがある。 フロントはコンパクトクランクにすると最低が34-32。これで現在のフロント3枚とギア比は変わらない。フロントトリプルの30Tは滅多に使わないから丁度いい。

・ブレーキ

補助ブレーキ使用。低ギア比は坂道を登るためだが、補助ブレーキは下るため。激坂下りで体が起こせる補助ブレーキは物を言う。

・ハンドル
幅が狭めの38cm。幅の広い方が力は入りやすいが扱いにくい。ブレーキを深く握り込むには狭めが良い。前に買った自転車でも交換している。
そしてハンドルはリーチが長い(前に出ている)こと。これは補助ブレーキとのポジション差をはっきり出すため。最近はリーチの短いのが流やりの傾向で、38cmのハンドルではかなり選択肢が狭くなる。

・ホイール
軽さ、丈夫さ、価格を合わせるとMAVICキシエリ。非レース派にはここら辺がホイールのてっぺんと思う。

・タイヤ

走りやすくてパンクしにくいVittoria。実はゲン担ぎの方が大きい。パンクの頻度はタイヤの性能だけでなく相性、ゲンが大きく入っていると思う。

こうなると完成車が存在しません。自転車店で細かく注文する必要がある。ヘタレのチャリ乗りにも長く乗るとこだわりが出るものだ。

|

« ロード購入① 4万km走行 | トップページ | ロード購入③ 自転車店へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

自転車選びもこだわりが・・・・
約10年間で地球一周とは凄いですね。
また新しい自転車での走行旅楽しみにしています。

投稿: 紀州のカモシカ | 2017年3月30日 (木) 07時02分

カモシカさん。ごんばんわ。

地球一周と言っても自転車乗りの世界では年5千Km以上はいっぱいいます。私など序の口です。でも、ついでに山を登る人はぐっと数が減ります。またどこかの山までお会いしましょう。

投稿: EDO | 2017年3月30日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/65082489

この記事へのトラックバック一覧です: ロード購入② 自転車を選ぶ:

« ロード購入① 4万km走行 | トップページ | ロード購入③ 自転車店へ »