« 5/3淡路島(妙見山)① | トップページ | 5/14ちょっとだけ »

2017年5月 8日 (月)

5/3淡路島(その②)

淡路島サイクリング後半。妙見山はサイクリングできなかったので景気よく走りましょう。

033 これが本来の淡路島コース。良いコースですよ。サイクリングで賑わうだけのことはある。
034 このまま洲本まで走ります。
036 海岸沿いの快走路。この日は自転車も多かった。
037 洲本からはそのまま国道28号線、一周コースを外れます。これで寄り道した分、時間と体力に余裕を持たせます。最近はこれで寄り道コースを探すようになった。
038 アップダウンはあるけど大したことは無い。
039 島の真ん中を走る国道なのでロードサイドのありがちな店も多い。そこで昼飯を食っていればよかったと思うのは昼飯を食い損ねた私。
040 福良には寄らず鳴門海峡へ。
041 上の写真から一周コースと重なります。この部分では割と登る。やたらのんびり登っている自転車を良く見かける。疲れたんだろう。
042 道の駅うずしおに到着。もう観光客だらけ。並ばないと飯が食えないから諦める。
043 やはりここには立ち寄るべき。
044 毎回同じ写真撮っているけど、この大鳴門橋には圧倒されますね。こんなに丈夫そうなら自転車レーンが欲しいといつでも思う。
045 海の向こうは四国。
046 戻るとするか。自動車は駐車場待ちの行列。自転車はスイスイッと通り抜けた。
047 飯を食おうと大鳴門橋記念館に寄ろうかとしたがここも自動車が渋滞。これでは飯が食えません。引き返した。
048 阿那賀は丸山釣り公園の近く。昼飯を食い損ねたので、近くにあるヤマザキショップでサンドイッチを食べて休憩。この橋の名は大漁橋か。そしてえべっさんで大漁祈願とはここで休憩して初めて知った。
049 海岸沿いを走ります。妙見山で寄り道は腹一杯したのでここからは一周コースを淡々と走る。
050 そしたら意外と早く慶野松原へ。すると五色もすぐである
051 五色の海岸沿いを軽快に。
052 この辺りは毎年同じ写真ばかりになりますね。
053 これもお約束の風景。私以外にも景色を眺めていた自転車乗りがいました。
054 対岸の景色が見えてきた。
055 一周コースも町並みの風景になって信号待ち。前にいるのはこのまま私を抜き去った自転車乗り。
056 年に一度は走りたいけど、夏に走ると午前中は東海岸、午後は西海岸で、一日中太陽を浴びるので真っ黒焦げになります。走るなら海が左手にある時計回りコースだし。
057 海沿いを走っているんだけど山がこんなに近い。
059 もう少しだ。
060 観光向けの商業施設が新しく出来たんですね。今回は立ち寄らず。
061 再び岩屋港へ。帰りは自転車と単車の駐輪台があるフェリーです。
062 明石に着いたらここでお土産を買う。夕方に店じまいも多いので早めに立ち寄ろう。一周を短縮したのはこれも目的。

帰りは新快速ではなく快速に乗る。尼崎で東西線経由に乗り換えると梅田駅での移動がなくなり、環状線にも乗らなくてすむ。
昼飯は観光地ではなくて手近な場所にすべきでした。
この日の走行距離148km。妙見山での押し歩きがかなりあります。

|

« 5/3淡路島(妙見山)① | トップページ | 5/14ちょっとだけ »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/65241678

この記事へのトラックバック一覧です: 5/3淡路島(その②):

« 5/3淡路島(妙見山)① | トップページ | 5/14ちょっとだけ »