« 5/20行者還岳 | トップページ | 6/3高山-松本-富山(その1松本へ) »

2017年6月 7日 (水)

6/2高山-松本-富山(その0)

勤めている会社が「有休を活用しなさい」と面白いことを奨励した。私は持病があるので有効に使っているのだが、それでも勧められたからにはどこかで使おう。梅雨が来る前に4連休で自転車旅行にします。前から走りたかった乗鞍スカイライン。先に書いておきますが乗鞍は路面凍結で走れなかったので表題のコース。
今回は輪行で飛騨高山に行っただけなので第0回です。

001 八尾から近鉄線で名古屋へ。平野からだと逆戻りして布施まで走った方が特急の便が多く、電車待ちの間でも特急が抜いていく。しかし名古屋直行の特急に乗るなら八尾でも一緒だろう。とりあえず電車賃は八尾の方が安い。
002 名古屋から高山行きの特急に乗ると岐阜までは椅子の後ろ方向に進むんだね。驚いたけど慌てているのは車両では私だけだった。
003 景色は良い、電車は揺れる方なので景色を見る意外にあまりすることはない。しかし電車の中でずっと立ち話していたおばちゃんがいた。自分の席はあるけど、話が弾んで気のあった人とずっと立ったまま喋っている。口から先に産まれた人なんだろう。
004 さて飛騨高山に到着。宿は素泊まりで予約してある。
005 高山陣屋。入場料がいるから外から眺めるだけ。
006 観光地であり古い町並み家並みを保存(再現?)して遺しています。この町並みがなかなか楽しい。喜んでいる外人さんもいました。
007 ただの観光なら間違いなく飲んでいるけど、今回は自転車旅行で明日はヒルクライム。酒は控えます。
008 自転車に乗っているから移動が楽であちこちふらついてます。日枝神社に今回の安全を祈願。
009 立派なご神木です。
010 箸屋さん。箸は言ってしまえば棒きれ2本だけど、毎日使うし長く使うし個人用だから、気に入ったのがあればそこそこ高くても折り合いが付く。隙間商売としてはいいとこ見ていると思う。
011 この日は宿が安く、人の来ない時期らしいがその平日にしては観光客が割といる。休日はもっと多いんですな。
012 ご当地ソフトクリームは早いのでは。飛騨高山は涼しいと思っていたらまだ肌寒く、これは誤算で服装が軽すぎた。このあと観光客用ではない、地元民用の生活雑貨店で暖かそうな長袖シャツを買いました。長袖が売ってなくて捜した。
013 コンビニも景観に配慮してこの外観。
015 大鳥居。この辺りの歴史はさっぱり知らないから一体なぜあるのかと。もう少し予習してから来るべきだった。どうせ寝るだけだからとなにも知らずに来た。
014 茶道具店。こんなのもあるんだな。この先の坂道を登った丘の上に今晩の宿があります。高山観光ホテル
016 素泊まり5千円だが10畳間、広くて落ち着かないが快適。素泊まりにするのが惜しい良い旅館でした。気に入らなかったのは布団を敷きに来たお姉さんが「ベットメーキング、オーケー?」と私に話しかけてきたことだけだ。いい宿なのでいい食事付いたら一人で宴会始めちゃうから素泊まりしかない、明日があるから禁酒。

自転車のメーターを見ると高山の街は6~7Kmふらついていたようです。
翌日から本番。

|

« 5/20行者還岳 | トップページ | 6/3高山-松本-富山(その1松本へ) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/65382820

この記事へのトラックバック一覧です: 6/2高山-松本-富山(その0):

« 5/20行者還岳 | トップページ | 6/3高山-松本-富山(その1松本へ) »