« 9/18金剛山 | トップページ | 10/7玉川峡~富貴 »

2017年9月30日 (土)

9/23榛原~名松線沿い

涼しくなってきたので暑さ対策を考えずにすむからコースが増える。さて今回は数年前に良いコースであることを発見した名松線沿いを目指します。榛原まで輪行。

001 近鉄八尾から輪行ですが。特急に乗り換えると輪行の人が何人もいた。ツーリングの企画があったのか。大阪市内から乗っているようなのですが、榛原で降りるときにも誰も降りなかった。目的はどこだったんだろうか。
002 榛原で降りてからは369号線。手抜き(楽をするのは足)がきついですがこのコースではこれもアリだと思います。
003 天候は前日の雨から好転する予報ですが山間に向かって走っているからどうにも冴えない。降られることはなかった。
005 トンネルを抜けて曽爾村へ。
006 ちょっと余分に走って曽爾の鎧兜。山頂がガスっている。
007 引き返して再び369号線。
008 御杖村は冬の三峰山に向かうときにも走ります。でも路面凍結でこけたからたぶん次回は走らない。
009 かかし祭りなるものがありました。
010 ひふみんは人気がありますね。昔は神レベルの人なのが年取って愛嬌が出たから昔を知る年配者にもウケるだろう。ところでひふみんなら飛車の上に銀をレイアウトしてほしい。
011 この辺は人形の飾り付けとしてはオーソドックスなネタですね。
012 姫石の湯。まだ早い時間だがバスが来ている。と思ったが単に見間違いであった。写真を再確認して気付く。
013 先ほどの場所から更に369号線。三重県に入ってからが今回の本番。
014 ここからのコースは、前にも書いたけど一言でいうと「絵になる」景色をしている。
015 私の写真では持って帰れないのでどう絵になるかは走ってください。
016 空も晴れ間が出てきて楽しくなるかな。
017 自宅から素直に自転車で走ると、ここではもう疲れていて景色が楽しめません。だから行きでも輪行をします。ここで国道を外れて川沿いへ。
018 このコースは東側の津、松阪方面の人にとっては人気のサイクリングコースのようで、自転車とよくすれ違う。どこで折り返すのが一般的かは知らない。
019 良いコースなので大阪の人も走るべきです。
020 ローカル線の景色も入ってくるのがなかなか楽しい。
021 たまたま列車が走ってました。私はカメラに納めるのが精一杯でしたが、待っていて狙っていた人もいました。1日に8本の便だそうでチャンスは少ない。
022 この左のトンネルから出た辺りを狙っていたと思う。
023 コンビニで休憩。林業の土地です。材木を運ぶのは列車ではなくトラックの役目でしょう。
024 向こうにトンネルが見えますが、自転車乗りなら迂回した方が良い。
025 迂回道は別に道が悪いわけではなく、景色はこちらが楽しめる。
026 トンネル二本が続く道と合流したところ。
027 川幅も広くなりました。雲出川。
028 道も軽快です。徐々に市街地の風景となる
029 走りすぎたので引き返して一志温泉へ。今回の目的がここ。
030 この温泉がある場所は町民が集う場所として作られたようで、公園、保健センター、図書館、レストラン、そして温泉がある。だから風呂も昼から入浴客が多かった。風呂もいい風呂です。
031 レストルームも広い。風呂は貸しタオル2枚で650円は安い。定食はボリュームに少々欠けるが500円なので物足りなければ一品を追加注文しても全然高くない。お得感のある温泉です。
032 背筋のマッサージ機があった。私は最近腰を痛めているのでこれはうれしい。体験試乗コーナーとあるのは張り込んだら買える価格で収納のことも気を遣ったデザイン。一般家庭に売る気も強い商品。
033 この区間は急行も普通も変わらない。また便数が少ないので東へ一駅分走って特急が止まる伊勢中川から輪行。

名松線沿いはとても良いコースだけど往復の電車賃が高い。市街地の景色になったところで北上し、165号線を西に走って近鉄線で輪行なら距離も稼げて安くなるが、今回の温泉はなかなかの当たりでラストに持ってくるのを捨てがたい。次はどう走ろうか。
この日の走行距離96Km。

|

« 9/18金剛山 | トップページ | 10/7玉川峡~富貴 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/65856915

この記事へのトラックバック一覧です: 9/23榛原~名松線沿い:

« 9/18金剛山 | トップページ | 10/7玉川峡~富貴 »