« 11/4御手洗渓谷(天川もみじ祭) | トップページ | 11/11赤目~曽爾(その2) »

2017年11月16日 (木)

11/11赤目~曽爾(その1)

先週、天川が見頃だったならば今回は赤目です。赤目四十八滝から曽爾へ走るコース。パターンとしてはそのあと香落渓ですが、これは通行止めで走れなかった。写真が増えたので二回に分けます。

001 輪行で赤目口を降りたときはまだ雨が降っていたが空を見るとちょうど止むところ。何とか走れるだろう。写真は所持金が少なかったので国道沿いのコンビニへ向かうところ。方向が逆です。
002 山のある方へ走るのでまだ雨が残る方向へ走っているのですが、何とかなりそうな空模様。
003 四十八滝へ到着。八時半の開門に合わせて早めの出発をしていました。自宅を出たのは五時台。
004 遊歩道を歩きます。
005 四十八滝の始まり。
006 天候が冴えないと紅葉の色移りが良くない。先週のこともあり写真撮影の条件を少し変えている。だからといって綺麗に取れるわけではないね。
007 私が一番乗りかと思ったけど、開場を待っていた人がいたようで先にいる。人が少ないうちにじっくりと写真を撮りたい人でしょう。
008 これは水中モードだったかな、こんな色使いになる。
009 これはDレンジ補正を使っていて…アホらしいから途中でオートに切り替えた。私にとってはシャッター押すだけが一番の使い方。
010 ところでこの色づきだとまだ次の週も楽しめそうです。
011 布引谷。ここはこの上からのアングルも見どころ。
012 ただし道が狭く、観光客が混むとこのアングルで撮るのは困難。
013 雨上がりの雰囲気の中をサクサク写真を撮りながら歩きます。
014 実は新しいデジカメを検討中。胸ポケットに入ってオート撮影で歩きながら風景が綺麗に撮れたらそれでいい。昔の感覚から言えば贅沢と言うより無茶だよな。今の時代なら何とかなると思うのだが。
015 七色岩。いい色に染まっています。
016 この辺りはまだ緑色が多い。
017 荷担滝。この加減が紅葉の狙い目かと。
018 琵琶滝。ここで入り口から約一時間。
019 川の流れもずいぶん小さいものとなり。
020 最後の岩窟滝。
021 その上を少し歩くと小川のせせらぎ程度。迫力のある滝は作れない。ここで引き返す。
022 琵琶滝を上から眺めているのですが、下で小さく写っている人、私が登りであの場所へいたときから滝に向かって張り付いてます。写真に熱心な人はそういうものなんだな。
023 荷担滝を別アングルで見ると面白い。この滝も長時間カメラを据えていた人がいたからここにいる私が邪魔だっただろう。
024 最初の滝のところまで戻ると人がダンゴです。ツアー客が到着したようだ。
025 さすがに稼ぎ時でバスが何台も並んでいた。ちなみに紅葉の時期を過ぎた頃にここ来ると寂しい。
026 再び自転車にまたがり、川を渡って県道へ。ここから登り直しです。
027 曽爾へ抜ける道ですが、こちらも川沿いでサイクリング道としては悪くない。四十八滝は観光用として残しているのがよく解る。
028 こっちの道もごく小さいけど一応滝もあるぞ。
029 四十八滝の反対側の出口へ到着。先ほどの県道との分岐から自転車で30分、1時間以上かかる遊歩道とは速度が違う。ところで出合茶屋はやめちゃったのかな。

赤目を徒歩と自転車で2回登っていることになる。このあとは曽爾へ。
続きは次回。

|

« 11/4御手洗渓谷(天川もみじ祭) | トップページ | 11/11赤目~曽爾(その2) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/66051794

この記事へのトラックバック一覧です: 11/11赤目~曽爾(その1):

« 11/4御手洗渓谷(天川もみじ祭) | トップページ | 11/11赤目~曽爾(その2) »