« 10/6ちょっとだけ | トップページ | 10/13富貴~玉川峡 »

2018年10月11日 (木)

10/8大天井ヶ岳

10月からは紅葉狩り自転車登山が私のパターン。第一弾として弥山八経に登ろうと思いましたが309号線行者復還林道が崩土のため通れませんでした。

001 始発に乗り遅れて2本目の電車で下市口まで輪行して出発。電車では途中から輪行の人が多かった。
002 天川村へ入り御手洗渓谷へ
003 白倉トンネルを抜けるとすぐに通行止め。後で調べたら10/1からとのこと。一つ前の台風24号の被害か。大阪から見たら少し南側にそれたから被害が大きかったのだろうか。
004 反対側からなら行者還トンネルまで行けるがかなりの遠回り。この道から弥山、八経ヶ岳があり、行者還岳があり、何より林道の紅葉風景がある。季節がやってきたのに残念である。
005 せっかくここまで来たので洞川に向かうこととした。とはいえ大峰山も戸閉めが過ぎたな。どこへ足を伸ばそうか。せっかく登山用の靴とストックを背中にしょっているのに。
006 洞川。タイムロスが大きいので手早く登れそうな大天井ヶ岳にした。初めて登るのでこれも悪くない。
008 ここの杉林はよく日が差し込んで見栄えが良い。
009 登山口の分岐を越えて五番関へ登ります。落ち葉の多い道です。
010 川の水が実にきれい。五番関トンネルは標高約1100M。大天井ヶ岳は1400M台なので自転車でかなり近くまで登れます。
011 五番関トンネルが出てきた。車が結構停まっていたけど、今頃はどの方面を歩いているのか。
012 トンネルを抜けるとなかなかの景色。
013 トンネル北側にあるここから登るつもりでした。以前登っている人を見かけたからですが。
014 そしたら登山口の看板に「登れません」の注意書き。
015 南側へ戻って五番関へ上がる登山口から登ることにしました。
016 この道は利用したことがあるのですが、一気に上る急斜面で道も悪く、好きではない。降りる方が時間がかかる道です。
017 五番関、女人結界門に到着。平成9年に女人解禁の報道があったらしい。ところで解禁されたら山登りのオッサンは嘆くより喜ぶのが多いはず。
018 尾根筋に入るのでさっきより歩きやすくなる。
019 これは秋が深まってから来ても楽しめるのでは。行者還岳コースが最高なのだが登れないのは痛い。
020 展望の良い場所は少ない。
021a 造林してますね。標高約1400Mの尾根筋に、えらい物好きな事をする。近くに吉野大峰林道があるからそれほど手間でもないということだろうか。
022 標識を見てもうそろそろだな、と思っていたら山頂はすぐそこであった。
023 到着。初めてのコースなのでゆっくりめで登りましたが登山開始から45分。最初は道が悪いけどお手軽と言えるでしょう。
024 紅葉はこれから始まるといった風情。
026 木が多いので山頂の展望は今ひとつ。向こうの市街地に見えるのは大和盆地かな。
027 それでもなかなか良い場所です。ここで食事休憩ですが私以外にも2名いた。
028 頂上ですが、林業のモノレールが通っているようです。
029 「KOBO TRAIL」ここから小南峠へ向かって最後は高野山のトレッキングコース。マトモじゃない人向けの標識。
030 さて帰ろう。このコースは初めてで地図がなくてもまず迷わないでしょう。尾根沿いで目印も多い。
032 どう育ってこうなったのか。
033 五番関からの下りはやはり危なっかしい。
034 再び自転車にまたがって
035 洞川へ。温泉前の駐車場には車が多い。

309号線行者還林道が通れないのは残念。せめて天川もみじ祭りの頃には直っていてほしい。さて、紅葉狩りの季節が始まりましたがどこにしようか。一番目当てのコースが走れない。
この日の走行距離84Km。

|

« 10/6ちょっとだけ | トップページ | 10/13富貴~玉川峡 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/67264105

この記事へのトラックバック一覧です: 10/8大天井ヶ岳:

« 10/6ちょっとだけ | トップページ | 10/13富貴~玉川峡 »