« 11/17岩湧山 | トップページ | 12/1金剛山 »

2018年11月26日 (月)

11/23松阪

今回は実に久しぶりに166号線メインの松阪。自宅から出発だと引っ越しして遠くなったのと、歳で体力が無く、往路でも近鉄線で輪行。

001 輪行で降りたのは下市口の一つ手前、大阿太駅。見ての通りの無人駅で自動改札すらありませんがちょっと見てみたいものがありまして。
003 それはこれ。何年も前から分譲地になってましたが、さっぱり売れずにとうとうソーラー発電所になっちゃったんですね。一軒も家が建たなかったけど。
004 上から俯瞰できる場所があったので撮影。駅前分譲地ではあるが用意された道が狭い。ツイッターにてクソ物件オブザイヤーなる企画があり、私もここを紹介した(これ)。面白いので企画を知っていれば先に詳細な写真を撮ってました。
005 駅前だというのになんにもなさすぎ。いわゆる秘境駅の領域ですね。
006 今年は台風の当たり年で、脆弱な基礎に造られたソーラー発電の問題が浮かび上がったが、ここは元宅地分譲で斜面も水平にしているから丈夫だろう。
007 駅まで自転車を利用する人はこんな感じで放置自転車みたいな停め方をする。何も無いから仕方ない。
008 ほどなく道を下ると民家が出てくる。大阿太駅は人のいないところにわざわざ駅を造ったようであり、よく解らない。
009 大和上市から東の道はよく走るが、出発点が違っていたので長く感じた。
010 好きな景色ではあるが晩秋であり寂しい。
011 鷲屋川沿いから
012 166号線へ。今回のメインコース。
013 11月なのに高見山はうっすらと冠雪しているぞ。早いのか例年並みか解らない。
014 紅葉がいいですね。神社へ渡る橋がありますが、そこで交通安全を祈願しました。
015 久しぶりの高見トンネル
016 くぐり抜けた。ここからは下り基調。
017 ところで、トンネル出口で事故車両が放置されて荒らされてましてね。ナンバー付けたままだから持ち主は解るはずだが何故ほったらかし?乗ってた人が死ぬほどの事故でも無かったかと思うが。
018 高見トンネルを抜けると快走路
019 下り基調で道が広くて車が少なく景色も良い。実に走りやすいので写真よりは走る方に専念すべきです。
020 川の眺めも良いんですけどね。
021 この車幅で車が少ないからね、サイクリングで登る人が多かった。
022 景色もとても良い。
023 これは国道が狭い部分の迂回路。あとから造ったということは交通量はあるようです。
024 水屋神社。「車馬乗入禁止」馬はもういないって。こういう成句はいつ頃できたのか。
025 道の駅飯高。温泉があるのだが湯上がりから駅までが遠いのだ。
026 国道は通行止めで迂回路へ入れとのこと。これも台風被害らしい。今年の台風はひどかった。
027 迂回路から少し外れて途中で中央構造線観測地を見つけるが
028 よく解りませんでしたね。月出の中央構造線路頭(これ)は一目でわかるのですが。
029_2 道の駅茶倉へ通じる吊り橋を自転車担いで渡る。これも話の種だ。
030_2 なかなか良い眺めですね。絵を描いている人がいた。
031 国道へ戻ったらここからが工事中の通行止め。読みが外れたのである。さっきの橋を戻りました。
032 おとなしく迂回路を走り
033 途中から櫛田川沿いで
034 丹生神社へ。私のサイクリング中でお参りすることが最も多いのが丹生神社。理由は先程の中央構造線と私がよく走るコースが重なるから。特にここでは水銀鉱山跡が残っている。
035 にうつひめと弘法大師の対面石とあるが、丹生都比売神社はこのずーっと西、高野山の西側。
036 櫛田川沿いをメインに走ります。
037 しかし農地のソーラー転用が多い景色でしたね。地方の土地活用はソーラーと農業の二段構えが普通になるようだ。最初の写真にあるように住宅はもう家余りに入ってるんだ。
038 松阪駅から輪行。このコースは楽しいのですがひたすら遠くへ走るので帰りの電車賃が高く付きます。特急なんか乗ったらなおさらで。

やはり良いコースでした。
この日の走行距離124Km。迂回があったりでアテにはならない。

|

« 11/17岩湧山 | トップページ | 12/1金剛山 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174511/67419971

この記事へのトラックバック一覧です: 11/23松阪:

« 11/17岩湧山 | トップページ | 12/1金剛山 »