« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

12/24伊勢中川

この日は名松線沿いを走るつもりでしたが通行止めで別の道。榛原まで近鉄線を輪行。

001 榛原駅前のコンビニは新しくなって広くなってカフェスペースもできて自転車スタンドもできていた。駅前なのに潰れて寂しいと思ったのは勘違いであった。
002 369号線で曽爾へ。道の整備の割に車が少なくて自転車向きの道。
003 曽爾は寒い。鎧岳を眺めてから御杖村へ
004 ここも良い道なのだが寒くなってからだと寂しさが目立つ。
005 三峰山はもううっすらと冠雪している。また登りに行こう。
006 アップダウンのある道を越えて御杖村を抜けます。
007 美杉町。ここはいつ見ても思うのですが風情のある景色が多い。
008 名松線がちょうど走り出したところ。一両だけなんだな。
009 しかし、里山風景にソーラーパネルが割り込んでくるのは、時代として仕方ないとして、風景としては残念。
010 あらま。走る予定の名松線沿いの道は通行止めになっていた。今年はこれが多すぎる。
011 でもまぁ行けるところまでと考えるのは私の悪いクセでして。
012 通行止め地点。これはたまにくぐり抜ける通行止めより本気度を感じるので乗り越える気にはならず。
013 さっきの標識まで手近な迂回路は無い模様。少し登ったこの道はGPSで見る限り途中で途切れる模様。
014 仕方ないから引き返す。
015 369号線をそのまま東へ走ることにした。登り坂が出てきて急激に腹が減る。このあとトンネルが見えるとほっとした。
016 トンネルを抜けて下り坂。まっすぐの369号線は166合流、松阪は最近走った。右の422号線通行不能は自動車道で無くなる点線国道の庄司峠越え。私も通ったが、今でも半年に一度くらい検索で誰かがこのブログに来る。左の一志は本来走る予定だったからそちらにしよう。
017 先程の交差点のそばにある道の駅美杉で、栄養補給として肉まん一個。これでも最後まで走れた。
018 県道を走ります。多気の北畠神社。由緒ある神社らしいが参拝客は私以外見かけず。年の瀬ではある。
019 本来の予定では無いがこちらの道もなかなか景色が良い。
020 渓流沿いのサイクリングは楽しい。
021 しかし今の季節は良くない。もっと景色が楽しめる時期に走り直そうか。
022 標識が出てきた。一志へ抜ける右の道は登り道となる。
023 とはいえすぐにトンネルが出てくる。八頭トンネルは新しく走りやすい。1.5km以上あってトンネルが望まれていた場所なんだろう。
024 と思ってたらトンネルを抜けるとすぐに道は狭くなる。トンネル周辺だけ広くても仕方が無いが、この道も整備するのだろうか。県道43号線。
025 一志はそれなりに民家の多い土地と記憶しているので、まだこんな道を走るのかと不安になる。
026 再び道は広くなるが実はこの後も狭くなる。この県道43号線は広くなったり狭くなったりで需要があるのか無いのか。
027 ベビースターラーメンのおやつカンパニーだ。休日ですが動いている音がしました。
028 名松線へ再合流。ここから近鉄沿いまで走って伊勢中川へ。
029 一志からはもっと近い駅があるのですが特急目当てです。特急券で輪行しやすい席を取るのにあえて喫煙車両にする手はまだ使えた。喫煙車両でも席では吸えないから一緒なのに。

布施まで輪行して帰宅。美杉から先は当初の予定では無かったけど、これも楽しい道でした。また走り直そうかと思う。
この日の走行距離98Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

12/8葛城山

今回も近場の山。夕方から用があるので葛城山。今回は山頂まで自転車を持って行きます。

001 大和川から石川河川敷へ。近くマラソン大会があるらしい。
002 ここももう葉が落ちてしまった。
003 309号線を少し東へ走ると建設中のケーズデンキ。でかいなぁ、あの立地でそんなに客が来るのかな。
004 その先のオークワもやたらでかい。道も広いのが新たにできたが、広い区間はそれほど続かない。
005 ここから自転車の押し登り。
006 なぜこの道を選んだかというと、水越峠から登るコースはそう楽しくないのでこっちでも良いというのが一番の理由。
007 MTBなら大部分を自転車にまたがって登れるでしょう。時々ある分岐は登りやすそうな道を選べば良い。
008 ここは従来からの舗装がつながっている右へ。
009 予報では晴れであったが天候が冴えない。登ったらすぐに降りるか。
010 途中でゲートをくぐり抜けます。
011 到着。
012 アタマの上の空はやたら重いが遠くは晴れている。
013 海までよく見えます。明石大橋がぼんやり見えたけど写真は失敗。
014 11時頃です。他にも人が登ってきました。
015 こっちは御所方面。
016 金剛山。
017 ロッジで昼食にしようとしたら予約客で忙しくなるから食事は白樺食堂に行ってほしいとのこと。
018 なので白樺食堂で鴨そばとした。こちらは客は少ない。
020 外はもう寒い。一瞬だが粉雪がちらついていた。アタマの上はさっきの空だもんな。
021 下は晴れていてよく見えるんだけどね。
022 帰りでMTBで登る人とすれ違う。山頂ではもう一台MTBを見た。自転車で登れることは割と知られている模様。ロードでは押し登りだが。
023 再び国道へ。気温は5℃、寒いわけだ。行きで見たときは7℃のはずだったが昼になってからの方が下がっている?
024 返りに改めて建設現場見たけど、でかい。電気屋って今から大型店を作って繁盛するものだろうか。

この日を境に一気に寒くなった気がします。
この日の走行距離72Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

12/1金剛山

今回は金剛山。今年の台風以降としては初めてです。高畑コースとしました。

002 石川河川敷。晩秋の眺め。
003 なので葉が枯れる前に撮っておく。
004 国道を外れて登山口へ。まだ紅葉は残っていますね。
005 ちょっと雲行き悪いかな。このあたりで「台風のあとが見れそうなコースにするか」と思った。事前には調べてなかったわけで。
006 登山口からは徒歩。千早本道とは反対のコース。
007 道沿いの土が崩れたようだ。土砂はもう撤去している。
008 カトラ谷へ向かう道は封鎖されている。これは予測できていた。おととしの台風の影響が残っていたはずだからね。
009 高畑コースもご遠慮くださいの張り紙。さてどうするか。
011 人が歩いた跡が結構あるようなので、この道を登ることにした。無理なら途中で諦める。
013 台風前と比べてどうだったのかはよく解らない。
014 滝のそばでは倒木。
015 ここら辺も派手ですね
016 でも通れないことも無く。
017 晩秋の眺めが目当てだったのだが、基本は杉林で沢沿いなのであまり良くない。
018 ちなみにこの道を歩いている人は意外といた。メインコースで無くても荒れていても金剛山である。道はわかりやすい。
019_2 この水くみ場に着いたら谷から外れるから特に荒れてはいないはずだ。ここまでは割と普通に登れた。
019 ここから一気に上る道が続く。台風被害で登りにくいなんてことは無い。いつも通りの登りにくさだろう。
021 カトラ谷は上からも通行止め。モノレールを架設して工事しているらしい。
022 山頂広場に着いたのは12時前。写真撮影を皆さん待ってます。
023 空模様はよろしくない。
025_2 神社で安全祈願。
026b 隣の寺は明治になって神仏分離でいったん無くなったそうだが、ここによると「明治初期の廃仏毀釈の時には金剛山山頂にはもう転法輪寺はなかった」とのこと。
026 人は少なめでしたね。ところで標高があるから紅葉はもう落ちてしまっている。
027 1時前になるとまた人がわらわらと集まってくる。私は降りるとしよう。
028 帰りは歩きやすい千早本道。
029 山肌が見えているけど前からだったっけ。
030 7合目で登山道用の材木があり「元気な人は8.4合目まで持ってきてください」とのこと。一本持って戻ろう。
031 よっこいしょっと。ところで登山道に使うにしては長い材木だな。と思ったらいま私が歩いている道の幅だ。千早本道の整備の良さよ。
032 降りると紅葉が復活する。
033 観心寺。紅葉をバックに写真撮影の人がいます。

河内長野から輪行。
この日の走行距離47Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »