« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月23日 (水)

1/19高見山

今年は暖冬なので雪山はまだいいやと、先週に自転車をオーバーホールに出した。そしたらこの週末は昼は快晴の予報。そしたら山に登りたくなる。雪が駄目だったらもう一度登ればいいと高見山にしました。

001 輪行で降りた榛原駅前。見事に晴れてます。この日の自転車は前に乗ってたクロモリRNC7。スポーツ自転車は一台で良いと思っていますが、二台持っているのも悪く無い。
002 佐倉峠も雪の気配無し。ただし気温は氷点下でした。RNC7はRL8と平地ではあまり変わらないが登りでは負ける。4万Kmも走りこんだ自転車だからそりゃそうだとは思う。
003 東吉野村のコンビニで食糧補給。この先で高見山行きの霧氷バスに抜かれた。頂上が混む前に登らねば。高見山は山頂が混む。
004 ここから見ると高見山の雪は山頂付近だけのようである。
005 国道を外れてたかすみの里へ登る。この川の景色も至って普通で雪化粧は無し。
006 東吉野村からこっち、そんなに抜かれた記憶は無いのだが、たかすみの里は車がいっぱい。こういうとき私は「頂上までにこの車何台分抜けるだろうか」と思ってしまう。
007 私は榛原から30Km弱を自転車で走っているからウォーミングアップはできていて、山を登るのは速いほうなのです、自転車は遅いほうだけどね。登山口へ到着。
008 しかし、ここまであまり人には出会わなかったな。皆さん早くから登っているのだろう。川沿いに着いたがここでもまだ雪景色と呼ぶには足りなすぎる。
009 高見杉へ到着。ここから登りがきつくなる。
010 昨年の台風の影響とかあるのかな。間伐が増えたようだ。
011 ようやく雪らしくなってきたけど
012 杉谷との分岐点でもこんな程度。いつもはここでアイゼンをつけるのだが不要。登るぶんには最後まで不要でした。
013 雪は無くても快晴だから良いですね。などと思いつつ登っていたら。
014 樹氷の景色になってきました。
015 快晴なのでこれは見事。
016 雪景色も素晴らしいものになってきました。
017 こうなるとテキパキ登っている場合じゃ無いよね。ゆっくりと景色を堪能しながら。
018 予想以上の霧氷の景色が実に楽しい。
019 見晴らしの良さも格別で。
020 これは来た甲斐がありましたね。
021 山頂へ到着。たかすみの里駐車場を出て1時間15分。終盤は景気に足を取られたがなかなかに速く登れた。
022 遠くまでバッチリ見える景色と霧氷。言うこと無いですね。
023 すーっと遠くまではっきりとね。さすがに富士山は見えないか。
024 空が良い
026 ホントよく見えるな。
027 この日は写真をやたら多く撮った。
028 展望台も人がいっぱい。そりゃ避難小屋で飯食ってじっとしてたらもったいない。しかし見晴らしが悪くて風が強いときは私一人でたたずむこともある。
029 樹氷が目当ての人が多い。
030 快晴だと樹氷の見栄えが違う。
031 眺めてて飽きない
033 人の後ろ姿を勝手にモノサシ代わりにするのは私がよくやることでして。でも解りやすくなるよね。
034 山頂が激混みになる前に降りる。この日は混んだろうね。景色から雪はすぐに無くなる。
035 ここの倒木は一昨年からか
036 戻ってきた。ここに温泉があるのだが私は入らず。ここで風呂に入ると自転車なので帰り道が遠い。
037 大宇陀のあきのの湯へ。ここは体温くらいの湯から熱い湯船が揃っているのが特徴で雪山の疲れをとるには良い。ぬるい風呂につかっていると早起きしたこともあり、半分寝てしまった。

翌日、オーバーホールに出した自転車を取りに行った。
この日の走行距離60Kmくらい。この日は自転車に速度計が付いていないのでよく解らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

1/12金剛山

雪山の時期ですがまだ寒さが足りない。パターン通りで最初は金剛山です。

001 大和川の柏原市役所前。結構大がかりな工事です。
002 サイクル橋。冬の景色は寂しい。
003 309号線。ケーズデンキはもうすぐ店舗完成かな。
004 ここで雪がちらつき始めた。カメラを出すと電池が低温で電圧不足になった。カイロをポケットに入れて温める。携帯カイロはデジカメ用の余分がいる。
005 駐車場では雪が降っていますが管理人のオッサンによると今年は暖かく、まだここが白くなったのを見ていないとのこと。
006 今回はおとなしく千早本道。雪はほとんど無いだろうとアイゼンは用意していません。
007 五合目はうっすらと雪景色。
008 八合目を過ぎたあたり。アイゼンは不要だが歩くペースを落とす必要があった。
009 山頂広場に到着。
010 この日は展望が良くない。
011 葛木神社にお参り。
012 そしたらこの坂道が凍っていて滑る滑る。降りるのに時間がかかった。最初の雪山が手近な金剛山なのは悪くない。これで忘れていたアイテムを今後は装備するからだ。
013 体を冷やしたから食堂で休憩。これから人が多くなる時間です。
014 雪がなかなかに良い景色になってきました。ここに作られるカマクラはまだありません。
015 再び山頂広場。
016 そろそろ12時の撮影。
017 いちおう私も写っておいた。この後はすぐに降りる。
018 雪道の下りだがたいしたことも無く
019 五合目ではもう雨になっていて雪が無かった。
020 少し雨がぱらつく中、自転車で河内長野まで。

今年は暖冬のようで近場の雪山も今ひとつかな。ちょうど良い機会だったので自転車をオーバーホールに出した。雪山自転車登山は自転車が戻ってきてからでも良いだろう。
この日の走行距離45Kmくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

1/1葛城山

明けましておめでとうございます。元日は葛城山で初日の出を拝みました

009 今年は晴れてて良い初日の出が見れました。
001 出発は3時過ぎ。夜中なので河川敷では無く309号線メインですが、大阪市を抜けると街灯の少ない道路でしたね。正月から個室ビデオは営業しているのだな。
002 途中。金剛山へ登ると言ってた自転車二人組に会ったが309号線から県道への曲がり角を過ぎて走っていた。無事に着いたのだろうか。私はここから押し歩き。
003 6時過ぎ。順調に歩いています。ライトが無いと真っ暗闇です。
004_2 山頂へ到着。
005 日の出を待つ人は多い。御所方面からロープウェイでも登れる。
006 月の形が太陽が昇る場所を教えてくれた。
007 ご来光。
008 今年一年いい年でありますように
010 葛城山は山頂が広く、日の出の方角もよく開けている初日の出には良い場所。人でいっぱいです。
012 場所が広いから三脚を持って記念撮影をする人も多数。
013 こちらは大阪側。私が今いる葛城山の影に隠れてまだ太陽が見えていない範囲が結構広い。
014 来た道を引き返して
015 川西から輪行。

このブログを見る人が何人くらいいるのか解りませんが、今年もよろしく。
この日の走行距離60Kmくらい。自転車で実家に帰ったりしたのでよく解らない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »