« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月14日 (火)

5/11金剛山

金剛山のニリンソウが見頃のはず。しかしカトラ谷はどんなのだろうか。

大和川から石川河川敷。
サイクル橋。
ホントはもっと紫が目立って見えるのだが。
金剛山への県道を登り。
自転車を停めて登山開始。千早本道の反対側へ。
荒れてますね。
このあたりは昨年歩いたときとあんまり変わっていない気もする。女性の三人組が前から歩いてきたので「道はどうでした?」と尋ねたら「登るのを諦めた」と返事。
いよいよカトラ谷コースですが。
更に荒れてました。
豪快な倒れ方です。
実におとなしい千早本道とは差が大きい。
登山道も危険度が増す。
さらに道が解りにくくなっている。
この先どう歩く?と思っていたら対岸を人が歩いていた。間違えていた。
砂防はその下にフェンスがつけられていた。
確かに危なそうだ。
ロープが張られていたのでそれを使って登る。
先程の地点を通り過ぎるともうすぐ。
どこからかが区切りか解らないけど到着。ニリンソウの群生地、お花畑です。
ニリンソウ。二輪単位で花が咲くからニリンソウとのこと。
いい光景です。この時期ここを歩く人はこれが目当て。
土日ではこの日が一番では無かったかな。
私を含め、これを目当てに下から登ってくる人がいるけど
先にいた人は大抵上から降りてました、それが正解。ハイキングとは言えない危険さがあります。
山頂広場へ。
遅咲きの八重桜で標高千メートルともなると今が盛んに咲いている。
しばし休憩。実に居心地が良かった。
神社へお参り。
再び広場、ここの桜もまだ花が残っている。
晴れているのだが見晴らしはあまりよろしくない。
遠くの景色よりこちらが良い。
帰りは千早本道。
新緑がいい色です。サイクリングの季節ですが、新緑目当てのハイキングにしようか迷いますね。
310号線から河内長野まで自転車で降りて輪行。

カトラ谷は少々危ない。登る人はお気をつけて。
この日の走行距離48Km

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

5/4淡路島

この日はやはり例年通りの淡路島。今回は一周です。

7時の渡船で淡路島へ。サイクリング開始は7時20分くらい。
淡路島は景色もいいし走りやすい。特に序盤。
まだ取り壊さないんだな。
天候はいいけど遠くはかすんでいる。黄砂だね。
日帰りではここが最高かな。
海の眺めもいい。
洲本温泉街。ここまでで1時間10分ほど。私の脚で写真を撮りながらでもここまでは時速30Kmで走れています。信号運も良かった。
今回は一周コースなのでこの道も久しぶり。
当然だがサイクリングの人は多い。周回は左手が海の時計回り。
左手に道路や民家が無いので時計回りがお勧めですが、自販機が道沿いに少ない。この自販機はほとんどが売り切れてた。
軽快に走ります。
この学校の壁画は更新されていないような。ちなみにこの壁画はもうすぐ立川水仙峡の登りが始まる合図。
水仙峡まで登ったよ。と思っていたが一度下りに転じるだけどここからもう少し登りとなる。忘れていた。
再び海岸線まで降りる。この道は車も少ないのでサイクリングに向いている。一気に走るから最初に写真を撮っておく。
ここ数回、ショートカットして他を寄り道するコースにしていたが、やはり一周コースは楽しい。
もうすぐ登り。
この登りも結構きつく、最低ギアの世話になる。
一周ではあるけど、私は県道25で福良に抜ける道を走らない。タマネギ畑を突っ切って国道へ合流。
道も広く車も少ないこちらの方がいいのだが、標準は県道25を登る方。国道に合流してから福良まで車は増えるがその区間は短い。
福良に到着。スタンドは自転車でいっぱい。
栄養補給で小休止。ところで栄養がある方が良かろうとコンビニで買った「リアルゴールド ウルトラチャージ コーヒーフレーバー」は驚きのまずさ、一度ご賞味ください。(これ)
鳴門海峡へは再びアップダウンが待っている。
見えてきました。車がいないけど、ずっと手前から交通規制されている。
道の駅うずしおに到着。もう人でいっぱい。
淡路バーガーは行列が長すぎ。100人はいたかと。
淡路島ならここを見ておかないと。
やたら人が多かったが渦ができる時間帯。福良で見かけた遊覧船もいます。
しかしこれはいつ見ても圧倒される。自転車道を設ける計画は昨年にも出たらしい(これ)。舗装で風圧が増すだけでなく自転車への風対策で橋の負担が増えるとのこと。
引き返して後半へ。
車の渋滞が長いのですが
高速の出口から大鳴門橋記念館までずーっと続いていた。
後半は西側の播磨灘。距離としては福良港がほぼ半分の地点。
ここの風車は昨年の台風では大丈夫だったのだろうか。話題となったのは北淡震災記念公園の大きいのが倒れた件。
海沿いを軽快に。
ファットバイクでサイクリング中の女性。あれ重いんだよな。
慶野松原を通過
あまり意識しなかったが車が増えていた。
基本海沿いだが海岸から離れることも多い。
ここはおなじみの撮影ポイント。対岸がうっすら見えてきたかな。
2日前は大台ヶ原を登っているので脚が持つか気になってたけど、ここまで来たら大丈夫。
地元の神社へお参りするのが私のパターンです。八幡神社。
でかい石碑だなと思ってみると震災で神社がかなり損壊したとのこと。復興で寄付をした人の名前が並ぶ。
今日は海もきれいですな。数年間は赤潮が出ていた。
道の両サイドにある店は繁盛していた。観光客で賑わっています。
対岸の建物もよく見えるようになった。
もうすぐだ。
最後に寄ったコンビニにて。「家庭ゴミお断り」の張り紙はどこでも見るけど、これは捨て方が手荒い。そりゃ被害届を出した方がいい。
戻ってきた。私の速度計で休憩込みで154Kmを7時間10分ほど。オッサンには上出来でしょう。
明石商店街。ここで買い物をしないとサイクリングも寂しい。海産物がうまい。
おまけ。北岸から半日かけて時計回り一周するから、天気がいいと日差しを浴びっぱなしになる。日焼け対策をしないとこうなる。

明石から輪行。実家に立ち寄ってから再び自宅まで少し走る。
この日の走行距離171Km

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

5/2大台ヶ原(ハイキング)

大台ヶ原に登ったらハイキング。杖は持ってきています。

まずは食堂で腹ごしらえ。カツカレーを注文したがあまりお勧めとは言えず。
東大台コースの周回。
天気が良いから楽しめそう。
まずは日出ヶ岳へ
到着。昼時でもあるので休憩している人が大勢。
見晴らしが良かった。
熊野灘も見えます。
次は正木ヶ原へ
上り下りは割とあるけど、ハイキングのレベル。
振り返って日出ヶ岳を眺める。
相変わらず寂しい光景です。
遠くがよく見えるのはいいんだけど。
尾鷲辻。ここでも休憩中の人は多い。
牛石ヶ原。
神武天皇像。天皇陛下とも上皇陛下とも似てませんね。誰がモデルだったのか。
ここで小休止してから大蛇嵓へ。
もうすぐ目的地。
到着。ここも人がいっぱいです。
この日は眺めが良く、その分怖い。
それでも順番にがけの先端へ向かいます。
私も降りたけど写真ではあまり面白くない。
もう少し全体が写った方がいい。
やはり人がいる方が臨場感がありますね。
西へ降りるルート。この道は歩く人が少ない。
私は一周回る方がお勧めです。
他のコースよりも歩きにくい道ではある。
シオカラ谷に到着。
谷からは一気に登って元の広場へ。

新緑が出てからの方が楽しいはずですが、いつもこの時期を選んでしまいます。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

5/2大台ヶ原

令和最初のサイクリングは例年通りの大台ヶ原

大和上市まで輪行。駅の改札を出るとき少々不審なことがあったのだが、それは日記にでも書いておく。
大滝ダムへ。
前回この道を走ったときに補修中のトンネルは暫定開放中。トンネル内は「最徐行」の看板が並んでいたけど走る車は普通に走っていた。
大滝ダムは水量が多い。夏になると洪水対策で実に少ない。
その上の大迫ダムは。
ここはたいていの場合水が多い。
この写真はお約束。とはいえ何ヶ月ぶりか。
連続するトンネルをくぐり抜けて大台ヶ原方面へ。この左にかつて存在した自販機は無くなっています。昨年で無くなっていた。重宝したから残念。
とはいえ、自転車で大台ヶ原へ登る人はヒルクライムレースの道をなぞる人の方が多いからその人には余り縁は無いか。尾根筋に出るまでのこの道は疲れる。
とはいえ尾根筋まで出るとこの景色を眺めながら登るから楽に感じる。
これを撮ったすぐあとで奈良交通のバスに抜かれた。もっと手前で抜かれるつもりだったので、まぁ元気はいい方だ。
私が最初に大台ヶ原へ登ったのは2007年。年数分しっかりし歳をとっている。自転車のきっかけは中年太り対策。登るのは遅いが身の丈に対しては頑張っているつもりである。
遅いからレースは出る気も無し。ところで足がつりそうな気配がしたので、時々休んで写真をとっている。
交互通行。ここは短い区間だから信号も用意していない。
下りが出てくるこの区間で、後輪ブレーキのクイックレリーズを下ろしていないことに気づく。ほぼ登りばかりで使わなかったらしい。
公園を示す看板が見えるようになった。このコースは最後の登りがたいしたことないのにきつく感じる。
到着。大和上市のコンビニ起点から3時間20分ほど。ゆっくり登ればそれでいい。
この日は盛大に車に抜かれただけあって、駐車場もいっぱい。
帰り道。駐車場から溢れた車も結構いました。
帰りは帰りで景色を楽しみながら。
素晴らしいですね。
これを見るとまた来ようと思います。
体力が続けばなんですが
これは楽しい。
再び林道へ。
降りるときに気づいたけど新しい林道を作っています。正味、林業用なんでしょうけど。
169号線でこの時期に咲き誇るこの花はシャガ。ネットで教えてもらったが地下茎で増え、日陰でも育つので森林の木陰に群生する。元は帰化植物。
ただし三倍体のため種子を持たず、人為的に持ち込まれるきっかけが必要なので人里のある地域で見られる。やたらウンチクの多い花。昨日の雨が理由かあまりきれいな花は撮れず。
景気よく走って特急に間に合おう。
新緑もいい色ですね。山登りの季節になってきた。

やはり疲れました。
この日の走行距離110Km

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

4/27津風呂湖

今回は橋本-津風呂湖-榛原のサイクリング

石川河川敷へ下る道。
鯉のぼりの季節です。
天見のあたり。ここはまだ桜が残っていた。
橋本、紀ノ川沿い。この自転車道はまだ走ったこと無かった。
いつも眺めているグラウンドですが、目線が変わると景色が変わる。
五条から川沿いをいったん離れ、奥にある橋を渡って再度合流。サイクリングコースの標識が地面にあります。
吉野川沿い。
走りやすい区間ですがそれほど長くない。
京奈和自転車道と標識がある。和歌山から嵐山までつなげるとか。
カヌーの盛んな場所。この日もいました。
下市口を通過。
白髭神社。こんなところにもあるんだな。有名なのは琵琶湖サイクリングコースで見かける、湖上に鳥居がある事で有名な神社。
津風呂湖に到着。
観光地にしては寂しい。
それでもいい眺めです。
あとで気づいたけど、このお地蔵さんは何なんだろう。ここの法面は伐採してから進んでないな。何をするつもりか。
適度に日が差し込むのは手入れができている。
ダム湖の端まで走り
国道370号線を北上。370はよく利用する。海南-奈良とのこと。
ここ、右端にあるように全面ソーラーになるのかな。
大宇陀の公園は犬の競技大会があったらしい。
温泉の裏はバーベキュー施設になってたんだな。今回初めて知る。
私は温泉で一風呂浴びてから
榛原まで走って輪行

輪行で乗った電車が人身事故で止まった。
この日の走行距離122Km

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

4/20橋本

昼から用があったので橋本で帰る。

大和川の土手がいい色です。
春らしい眺め。
石川河川敷の桜は遅咲きが残っている。
すっかり葉桜ですが新緑の色が良かった。写真では持って帰れない。
南海線沿い。
天見の駅前にも遅咲きの桜。
この日も割と黄砂が目立つ。橋本に出ると黄砂によく気づくのはどうしてだろうね。
輪行をして長居公園

ココログは一月前にサポートに連絡した不具合を未だに直さない。
この日の走行距離57Km

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »