お買い物

2010年3月16日 (火)

デジカメを購入(DSC-W380)

000 三峰山のハイキングですっころび、電池ボックスの蓋が閉まらなくなったデジカメ。買い換えるとするか。実は中古品で日時設定のデフォが2003年だったりする。よくここまで使い込んだな。中古で十分とばかりに使ってたのだ。
またも中古にしようとしたが、中古品はスペックの確認が面倒。色々撮影していて好みというものが出てきた。

一番ほしいのは「標準で広角」。
景色ばっかり撮るので当然。「広角なら広角レンズを用意しろ」という上位機種は私に合っていない。荷物が増える。
「画素数が大きすぎないこと」
写真を印刷しない私には1200*900で十分。それ以上は邪魔。しかしこれは諦めざるを得なかった。時勢である。
「単三電池使用」
私の場合ライトと共用ができるので、これがあると便利。しかしこれを入れると選択範囲が思いっきり狭くなる。これも諦めた。
0001 そうして浮かび上がったのがこれ。SONYのサイバーショットDSC-W380
24mm広角だけではない、スイングパノラマ機能で大広角がとれる。広角でどう変わったかは前回の記事を見て下さい。
028
パノラマ機能は実にすばらしい。こんな無理のある撮り方もできる。パノラマはあまりいい画質でないと評価もあるが、私は写真をそこまで追求していない。景色は夢弦峡です。
なぜこんないいのがあるのに買わなかったと思ったけど、こんなデジカメが出たのは昨年の後半。いい時期に買い換えたことになる。
032_3 川だけを撮ると左ですがパノラマにすると下の写真。私はコースと景色の紹介が写真の目的なので、実に便利な機能といえる。ただし撮ってからの処理が少々面倒ですよ。
034
しかし私は古い人間か?このカメラの1400万画素ってどこまで本当か?と考える。

ちょっと計算してみよう。世間にある普通のコピー用紙。A4サイズは横幅約30cm。これを撮影するとカメラの縦横比は3:4だから
1400万÷{30×30×3/4}≒20740
ルートをとって単位をインチ(2.54cm)にすると
20740^0.5×2.54≒366つまりA4を撮ると366dpiと出た。

これはインクジェットプリンタが普及する一世代前、48ドット熱転写プリンタの解像度(360dpi)と同等である。(この48ドットって単位がもう古いね。昔はこう表現していた。そういえばWYSIWYGなんて当たり前になりすぎてすっかり死語だな。)
活字なら十分な表現力を持っていた。コピー機も400dpiが普通だったのはそう古くない。その昔、スキャナを使って600dpiでA4フルスキャンするとPCがハングするので300dpiに抑えていた。あの頃から10年たっていないはずだ。それがカメラでA4を360dpi?本気かよ。と考えて不思議は無かろう。
001_3 というわけでテスト。A4がすっぽり入る範囲を設定。その状態で新聞を撮る(下の写真。画像でかいので注意)。
002_2 老人には読めないといわれる競馬面の文字がはっきり読めます。ほとんど端っこまでです。これ、手持ちで撮影してますよ。ありえねぇな。撮影条件を吟味すればもっと細部まで写るでしょう。
というわけで解ったこと。私は古い人間のようである。時代の進歩に負けそうです。
その他便利な点としては、ポケットに入る大きさ。いままでいちいちリュックからカメラを出していたのです。
先日のボトルケージでPETボトルを、今回でデジカメをリュックから追い出しました。背中が軽くなりましたね。

欠点としては私にとっては画素数多すぎ。640*480では狭いと思うのだが、その上が2592*1944に跳ね上がる。最高が4320*3240。
こんなのをブログにあげていたらあっという間にブログ容量を食いつぶしてしまう。その前にココログではファイルがでかすぎてアップできない。というわけで編集時にいちいち画素数を縮める作業が加わった。

あと、壊れやすそうですね。大事に使っていきたいところですが、このクラスのカメラって「長く使ってほしくない」といわんばかりの商品ですからね。いつまで保つか。
006_2 3/31追記。検索で引っかける人が多いのでパノラマのあまり良くない例を紹介してみる。普通に撮ると右。パノラマで撮ると下。単に絵が粗くなるだけでなくガードレールがガタガタになった。(2枚に分割しました)
036 035
左右でピントが大きく変化するだけでなく、斜面を撮っているので道に対してはカメラを水平に振っていない。というわけでこんな合成になるようです。撮るなら高いとこから遠くを撮る方が良い。
「そりゃあ当然だろう」とあっさり容認できる人には悪くない機能です。私がそうなんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

体脂肪計を買った

もともとはダイエット目的もあり始めた自転車。とはいえこれだけでは良くなく、体重管理しないと太るね。
しばらく減量をしていたこともあり体脂肪計を買った。
001 買ったのはオムロンのHBF-361。少々評判が悪いが(これ)機能の割に安かったのだ。ハズレつかまない限りはいいかななどと。
002 体重は64.8Kg。身長が182cmなので少々減らしすぎたか。減量前は73Kg台だったんだよね。
003 気になる体脂肪は18.6%。筋肉が無い体型とはいえ体重の割には高い。
004 年齢を20ほどサバ読んでみると一気に15.0%。骨格筋率も高いと出たりする。体脂肪計ってこの程度の手探りゲームなんですな。
実は別の機械で計ると年齢をサバ読まずに16%台。機種差って大きいなぁ。これでは多機能であったとて大した意味を感じない。
というわけであまりいい買い物とは思いがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)