サイクリング

2019年7月17日 (水)

7/15金剛山

梅雨が全然明けていないのに「海の日」なのはあほらしさを感じるこの日。おとといにサイクリングをしたところだが、もうちょっと体を動かしたくなる気分だったので近場の金剛山にした。

大和川河川敷。二上山の稜線をを眺める。
草刈りが済んだばかりの石川河川敷。
309号線。開店したケーズデンキの手前にセブンイレブンがあるけど
道を挟んで向かいにもセブンイレブン。それほどコンビニ需要があるとは思えない。
冴えない天気ではあるがいつもの駐車場は満車でした。登山スタート。
少々ガスっている。ところでまだ11時頃だが降りてくる人が多い。
到着。行楽日和とはいえない空だが。
それでも人が多いのが金剛山。野草野鳥の観察でここに来たと思える人が携帯で喋っていたのだが「カエンタケを見つけた」と言っていて、すすっていたカップ麺を吹きそうになる。
あとでネットで調べたらもしかするとカエンタケとは違うかも。昼時なので食堂も人が多かった。
献灯代35万円、高いな・・・。つまりこれでも申し込みが来るということだろう。
神社にお参り。
緑がなかなか良い色だ。
帰り道。梅雨が明けたらまた山に登りたい。
帰りに登山口から少し外れた集落のある場所へ立ち寄る。この道は初めてである。
ここにも釣り堀があったのか。結構人がいる。

帰りは河内長野から輪行。
この日の走行距離50Km

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

7/13京都

今回も前回に続き、北へ向かって雨雲を避けるコースで木津川沿いに京都へ。京都での観光は無し。

天気予報では午後から大阪も雨になる。
よく走る大和川沿い。
右に見えるのが浄化センター。今回はこのまま川沿いを走る。
ここからは初めてのコース。地図を見ると奈良までうまく走れそうだったのだ。
そしたら線路で道が分断されてて渡れるようになっていない。
近くに駅が見えたので迂回して平端駅の踏切へ。ちなみに先程の場所からは駅近くまでロクな道が無い。この部分は間違えたコース。
川ぞいに戻ると自転車道の青線が出てきた。
これが京都-和歌山のサイクリングコース、いわゆる京奈和自転車道らしい。
川は佐保川。
このまま走るとゴールは嵐山。どの道からここに合流するのが正しいのか。
しばらくはこの青線をたどって走る。路面の記号の意味がわからない。もしかしてSHは佐保?ベタだな。
川が二筋となる間に青線。ラインが無かったら別の道を走ってますね。
ラインが無くなったがしばらくは川沿い。
奈良駅まで走ったが、実は24号線のそばに来るまで佐保川沿いで良かった。
24号線のここは何度か走っている。木津までこの道。
木津川沿いのサイクリングロードへ。自転車乗りには有名どころ。
この道路は利用者が少ないから自転車が目立つ。車間を詰めて高速で走る集団も複数見かけた。たまに雨が体に当たる、雲行きは良くない。
この川幅なら合流地点はもうすぐだろうと思っていたがまだ先。
堤防の内側にこうして畑があるのは少ないよな。
国道1号線を通過。
合流地点の御幸橋。宇治川、桂川、木津川が合わさります。ここからが淀川だがこの橋の地点では宇治川ではなくすでに淀川。
やはりサイクリングの人が多い。しかしここでは小雨が降っていた。
この後は桂川。途中で鴨川沿いに乗り換える。道がよく解らないので度々GPSの世話になる。
河川敷は自転車にとって舗装が良くない。堤防を走るのが正しいようだ。
川沿いを外れて京都駅へ。雨なので観光地へ寄り道するつもりは無い。
京都駅に到着
帰りは新幹線輪行としました。これで三回目かな。しかし京都駅は観光客が多い。
新幹線だと京都-新大阪間まで20分無いので余裕で立ってられるが、たまたま来たのが自由席の多いひかり。輪行だが椅子に座れた。

新大阪からはおおさか東線。平野だとこれが便利。
この日の走行距離92Km

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

7/6福知山

梅雨で走る機会が減っている。
この週末はサイクリングをしたいと思っていたが、天気予報の降水確率がコロコロ変わるから走れるのか走れないのかはっきりしない。天気図を見ると梅雨前線は本州の南にいるので天気が崩れるとしたら南からだろう。北へ走る、目標は福知山で行けるところまでとしよう。

大阪市内を縦断するのは苦手なのでおおさか東線で南吹田へ。
初めて降りた駅なので道が解りにくかった。駅を出たらいきなりこの地下道をくぐる。
レガッタの練習ですかな。まだ7時になったばかり、朝練とはいえ早いな。
猪名川へ到着してここから川沿い。分岐する部分の東側の道を走り出す。
途中で西側へ行こうとしたが道が無い。元の場所に戻る。
少し迂回する形で西側の道へ。
ドンキホーテはパチンコ屋との併設が多いね、ここは123か。新世界はマルハンで羽曳野はゴルフだから特定のパチンコ会社と組んでいるわけでも無い。
このあたりは猪名川の景勝地。国道沿いよりこちらがお勧め。
一庫ダムへ。
雨が続いているがダムの水は余裕がある。雨に備えているんだろう。
今回はいったん国道から外れて亀山方面の道。能勢の田園風景が美しいコース。
雲行きがよろしくない。雲はゆっくりと南へ流れているから北へ走れば保つだろうと算段。
鹿島神社。京都府指定文化財とのこと。
能勢を出てからは国道477。このあと9号へ。
やっとこさという感じがした国道9号。交通量が思っていたより多い。ここで一瞬雨に当たる。
観音トンネル。これを通れば後は下り基調。
コンビニで新製品のエナジーコーラを買ったけどコーラとしてはまずい。エナジードリンクとしてはありがちな味。
交通量がやや多くサイクリングには気に入らない。進行方向を見ると天候は保ちそうだが
コンビニに寄ったおり、上を見るとこの空です。ところでこのコンビニは周囲に店が少ないのだろうか、大量に買い物をする人が多かった。
むこうは晴れているのだが体に雨が当たっています。福知山からもう一踏ん張りで舞鶴だが色気は出さないことにした。
もうすぐゴール。
福知山駅では電車の都合も良かったのでここで輪行。
やはり反対側の空はどんよりしている。今回のサイクリングは終盤では雨雲と追いかけっこしていたみたいだったな。
などと思いつつ電車で南へ戻ると空は晴れている。
駅を降りると日が差すほどに晴れていた。朝の予報では崩れるはずだったが。

翌日も晴れていて梅雨の天気というのは解りにくい。
今回のコースは途中から初めてだが国道9号はあまりお勧めでも無い。日本海に抜けるにはどの道がいいかはまた検討しよう。
この日の走行距離116Km

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

6/22蔵王峠~橋本

梅雨に入ったのと週末に用があり、二週もサイクリングが空いてしまった。体がなまっているので手軽なコースとして蔵王峠にしました。

大和川河川敷。ここままだ通勤コースでありサイクリングの気分が出ない。
柏原。護岸工事は終わった模様。
石川河川敷。自転車道なので落とせというのは自転車対象。
河内長野から滝畑へ登る。
この道は走るたびに思い出す。初心者の頃はこの坂を登るのにMTBの最低ギアを要したのだ。
滝畑ダムへ到着
カラ梅雨なので水は少ない。
かなり手前から川の模様に。
キャンプ場のある道へと登る。
下にあるのが光滝キャンプ場。この先で原チャリから「心霊スポットのトンネル知りませんか」と聞かれる。それはダムの東側の道、通り過ぎてるよ。
四十八滝には向かわず蔵王峠へ。
久しぶりの道。
大阪南部からだと、こういうサイクリングを楽しむには手頃なコース。
滝もある。このあたりは坂がきつくて押して登った。
蔵王峠。最初はここから県道で降りるつもりでしたが、走っていて体が温まった。少し遠回りをする。
堀越観音への登り道。実に久しぶりで、私が最初にサイクリングで100Km走ったのはこのコース。最高地点で標高約650M<
初夏の景色がなかなか良い。寺社には寄ったことが無かったのでちょっと寄ってみよう。
役行者像とのこと。あちこちで書かれているが弘法大師と誤解する。役行者と言えば山伏のオッサンで座っている像ばかりである。
交通安全を祈願
上にもお堂があるようなので寄ってみたが地味で寂しい。
上から見るとあの屋根、最後に葺き替えたのはいつかな。
この写真はインチキで、下り道を水平に撮っています。上が堀越観音の道で登り道。斜度の差が大きい。
ここからの下りは激坂が続く。補助ブレーキの世話になり、タラタラと降りる。サイクリングを始めた頃、このあたりのカーブでブレーキが間に合わず道から吹っ飛んだことがありまして。このブログを始める前のことなので載せてはいない。
このあと走る道があんなに下に見える。
急坂を脱出したあと、少し登って文蔵の滝へ。滝行で有名な場所だがこの日も車が多い。
これを指して「どこが滝だ」と言うツッコミは結構見かける。滝はこの上流にある。
この奥まったところに文蔵の滝があるのだが、行の最中で中には入れなかった。ところで滝行に参加するのは女性が多い模様。
道を下るとバイパスができて旧道となった国道480。
こっちはこっちで楽しいのである。
紀ノ川沿いに出て東へ
橋を渡っていったん南側の道。その方が車が少ない。
紀ノ川も水量が少ないのでいつもと違う眺め。
九度山から橋を渡ると出てくる小田井堰。かなりの見応え

このあと、やっちょん広場で桃を買ってから輪行。地元特産品だけあって安くてうまい。
この日の走行距離80Km

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

5/25高野山~玉川峡

今回は私の常番コース。高野山から玉川峡

大和川。そろそろ初夏の景色。
となれば草刈りが行われています。
紀ノ川沿いまで写真は飛ぶ。
310号線を上る。新緑がいい色だ、来週は山にしよう。
途中で国道から外れる、私のいつものコース。神社にお参り。
この道は走る人が少ない。
極楽橋へ上る道ですがここでアクシデント。落石が割れて石が尖っていたところを通過したら
パンクしました。修理に手こずっていたらもう一人、自転車に乗った人が来た。ここで自転車乗りを見るのは珍しいが、いつもこのコースとのこと。
タイヤの側面が切れている珍しいパターン。タイヤ用のパッチを当てるのが難しく時間がかかった。写真は輪行後に撮影。
タイヤのチューブはこういう膨れ方をする。薄く不均一なんだな。
極楽橋。良くないパンクなので輪行して帰ろうか迷ったけどコースとしては2/3まで走ったから、残り1/3だ。走ることにした。
しかしモチベーションの低下からか疲れが増す。
到着。修理に時間を食ったからあれこれ見て回らない。
やどり温泉まで腹が持ちそうに無かったのでコンビニで少し食べる。
帰りは東側へ。
トンネルを抜けたとこに作ってた展望台らしい物。完成した?何に使うつもりだろう。
帰りはスルスルと下るのだが、道が良くないので落石が気になる。
また新たな工事箇所ができたか。
もうすぐトンネル。
玉川峡は水量が少ない。
そのぶん、いつもとは違う眺めを楽しめる。川底がはっきり見えて水がきれいなのがうかがえる。
しかし晴天続きとはいえ少ない。
やどり温泉に到着。橋の向こうにある建物。
食堂はメニューが減っていた。唐揚げは定食が無くなっていた。しかしボリュームがあるので単品でも困らない。
時間が遅くなったのと、水量の少なさで滝見物はしない。
この日は独特の川の眺め。
やはり遠くは少しかすんでいる。まだ黄砂があるのか?
高野下の電車に間に合った。しかし忘れていた。この時間では電車に乗って橋本を出発するのに1時間かかるのだ。駅まで自転車の方がいい。

このあと三国ヶ丘まで輪行してタイヤとチューブを購入。
この日の走行距離105Km

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

5/11金剛山

金剛山のニリンソウが見頃のはず。しかしカトラ谷はどんなのだろうか。

大和川から石川河川敷。
サイクル橋。
ホントはもっと紫が目立って見えるのだが。
金剛山への県道を登り。
自転車を停めて登山開始。千早本道の反対側へ。
荒れてますね。
このあたりは昨年歩いたときとあんまり変わっていない気もする。女性の三人組が前から歩いてきたので「道はどうでした?」と尋ねたら「登るのを諦めた」と返事。
いよいよカトラ谷コースですが。
更に荒れてました。
豪快な倒れ方です。
実におとなしい千早本道とは差が大きい。
登山道も危険度が増す。
さらに道が解りにくくなっている。
この先どう歩く?と思っていたら対岸を人が歩いていた。間違えていた。
砂防はその下にフェンスがつけられていた。
確かに危なそうだ。
ロープが張られていたのでそれを使って登る。
先程の地点を通り過ぎるともうすぐ。
どこからかが区切りか解らないけど到着。ニリンソウの群生地、お花畑です。
ニリンソウ。二輪単位で花が咲くからニリンソウとのこと。
いい光景です。この時期ここを歩く人はこれが目当て。
土日ではこの日が一番では無かったかな。
私を含め、これを目当てに下から登ってくる人がいるけど
先にいた人は大抵上から降りてました、それが正解。ハイキングとは言えない危険さがあります。
山頂広場へ。
遅咲きの八重桜で標高千メートルともなると今が盛んに咲いている。
しばし休憩。実に居心地が良かった。
神社へお参り。
再び広場、ここの桜もまだ花が残っている。
晴れているのだが見晴らしはあまりよろしくない。
遠くの景色よりこちらが良い。
帰りは千早本道。
新緑がいい色です。サイクリングの季節ですが、新緑目当てのハイキングにしようか迷いますね。
310号線から河内長野まで自転車で降りて輪行。

カトラ谷は少々危ない。登る人はお気をつけて。
この日の走行距離48Km

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

5/4淡路島

この日はやはり例年通りの淡路島。今回は一周です。

7時の渡船で淡路島へ。サイクリング開始は7時20分くらい。
淡路島は景色もいいし走りやすい。特に序盤。
まだ取り壊さないんだな。
天候はいいけど遠くはかすんでいる。黄砂だね。
日帰りではここが最高かな。
海の眺めもいい。
洲本温泉街。ここまでで1時間10分ほど。私の脚で写真を撮りながらでもここまでは時速30Kmで走れています。信号運も良かった。
今回は一周コースなのでこの道も久しぶり。
当然だがサイクリングの人は多い。周回は左手が海の時計回り。
左手に道路や民家が無いので時計回りがお勧めですが、自販機が道沿いに少ない。この自販機はほとんどが売り切れてた。
軽快に走ります。
この学校の壁画は更新されていないような。ちなみにこの壁画はもうすぐ立川水仙峡の登りが始まる合図。
水仙峡まで登ったよ。と思っていたが一度下りに転じるだけどここからもう少し登りとなる。忘れていた。
再び海岸線まで降りる。この道は車も少ないのでサイクリングに向いている。一気に走るから最初に写真を撮っておく。
ここ数回、ショートカットして他を寄り道するコースにしていたが、やはり一周コースは楽しい。
もうすぐ登り。
この登りも結構きつく、最低ギアの世話になる。
一周ではあるけど、私は県道25で福良に抜ける道を走らない。タマネギ畑を突っ切って国道へ合流。
道も広く車も少ないこちらの方がいいのだが、標準は県道25を登る方。国道に合流してから福良まで車は増えるがその区間は短い。
福良に到着。スタンドは自転車でいっぱい。
栄養補給で小休止。ところで栄養がある方が良かろうとコンビニで買った「リアルゴールド ウルトラチャージ コーヒーフレーバー」は驚きのまずさ、一度ご賞味ください。(これ)
鳴門海峡へは再びアップダウンが待っている。
見えてきました。車がいないけど、ずっと手前から交通規制されている。
道の駅うずしおに到着。もう人でいっぱい。
淡路バーガーは行列が長すぎ。100人はいたかと。
淡路島ならここを見ておかないと。
やたら人が多かったが渦ができる時間帯。福良で見かけた遊覧船もいます。
しかしこれはいつ見ても圧倒される。自転車道を設ける計画は昨年にも出たらしい(これ)。舗装で風圧が増すだけでなく自転車への風対策で橋の負担が増えるとのこと。
引き返して後半へ。
車の渋滞が長いのですが
高速の出口から大鳴門橋記念館までずーっと続いていた。
後半は西側の播磨灘。距離としては福良港がほぼ半分の地点。
ここの風車は昨年の台風では大丈夫だったのだろうか。話題となったのは北淡震災記念公園の大きいのが倒れた件。
海沿いを軽快に。
ファットバイクでサイクリング中の女性。あれ重いんだよな。
慶野松原を通過
あまり意識しなかったが車が増えていた。
基本海沿いだが海岸から離れることも多い。
ここはおなじみの撮影ポイント。対岸がうっすら見えてきたかな。
2日前は大台ヶ原を登っているので脚が持つか気になってたけど、ここまで来たら大丈夫。
地元の神社へお参りするのが私のパターンです。八幡神社。
でかい石碑だなと思ってみると震災で神社がかなり損壊したとのこと。復興で寄付をした人の名前が並ぶ。
今日は海もきれいですな。数年間は赤潮が出ていた。
道の両サイドにある店は繁盛していた。観光客で賑わっています。
対岸の建物もよく見えるようになった。
もうすぐだ。
最後に寄ったコンビニにて。「家庭ゴミお断り」の張り紙はどこでも見るけど、これは捨て方が手荒い。そりゃ被害届を出した方がいい。
戻ってきた。私の速度計で休憩込みで154Kmを7時間10分ほど。オッサンには上出来でしょう。
明石商店街。ここで買い物をしないとサイクリングも寂しい。海産物がうまい。
おまけ。北岸から半日かけて時計回り一周するから、天気がいいと日差しを浴びっぱなしになる。日焼け対策をしないとこうなる。

明石から輪行。実家に立ち寄ってから再び自宅まで少し走る。
この日の走行距離171Km

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

4/27津風呂湖

今回は橋本-津風呂湖-榛原のサイクリング

石川河川敷へ下る道。
鯉のぼりの季節です。
天見のあたり。ここはまだ桜が残っていた。
橋本、紀ノ川沿い。この自転車道はまだ走ったこと無かった。
いつも眺めているグラウンドですが、目線が変わると景色が変わる。
五条から川沿いをいったん離れ、奥にある橋を渡って再度合流。サイクリングコースの標識が地面にあります。
吉野川沿い。
走りやすい区間ですがそれほど長くない。
京奈和自転車道と標識がある。和歌山から嵐山までつなげるとか。
カヌーの盛んな場所。この日もいました。
下市口を通過。
白髭神社。こんなところにもあるんだな。有名なのは琵琶湖サイクリングコースで見かける、湖上に鳥居がある事で有名な神社。
津風呂湖に到着。
観光地にしては寂しい。
それでもいい眺めです。
あとで気づいたけど、このお地蔵さんは何なんだろう。ここの法面は伐採してから進んでないな。何をするつもりか。
適度に日が差し込むのは手入れができている。
ダム湖の端まで走り
国道370号線を北上。370はよく利用する。海南-奈良とのこと。
ここ、右端にあるように全面ソーラーになるのかな。
大宇陀の公園は犬の競技大会があったらしい。
温泉の裏はバーベキュー施設になってたんだな。今回初めて知る。
私は温泉で一風呂浴びてから
榛原まで走って輪行

輪行で乗った電車が人身事故で止まった。
この日の走行距離122Km

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

4/20橋本

昼から用があったので橋本で帰る。

大和川の土手がいい色です。
春らしい眺め。
石川河川敷の桜は遅咲きが残っている。
すっかり葉桜ですが新緑の色が良かった。写真では持って帰れない。
南海線沿い。
天見の駅前にも遅咲きの桜。
この日も割と黄砂が目立つ。橋本に出ると黄砂によく気づくのはどうしてだろうね。
輪行をして長居公園

ココログは一月前にサポートに連絡した不具合を未だに直さない。
この日の走行距離57Km

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

4/14海南

まだ桜は見れるだろうと花見サイクリング第二弾。海南です。

大和川堤防。春は眺めが良い。
石川河川敷へ。まだ桜は持ちこたえてました。
充分に花見が楽しめます。
昼は人が多かっただろうね。
この日もゆっくり走る。
錦織のコンビニはロードバイクのスタンドが増えた。増えた方は木製だが「河内材」の印があった。
桜を眺めながら走る。
紀ノ川沿いへ。この日は先週のような黄砂も無い。よく見えるね。
九度山の桜はもう終わりかけか
370を高野山へ上るルート。
標高が高いと桜も残っている。
かなり大幅に道路を拡張した。車での高野山は480号線おまかせになったと思っていたのだが。こうする値打ちはどれほどあるのか。
実際に480にトンネルが通ってから370は交通量がかなり減って自転車には都合が良くなった。合流地点の矢立だが私はここから370号線を東へ下る。
ここからが春コースの本番
実に軽快に走れて景色の良い道。以前よりは知る人が増えたと思う。
お勧めサイクリングコースの青線も効いているのだろう。ここは桜が見頃。
道も整備がされて走りやすくなったこともある。その割には車は増えない。
新しい道だと旧道沿いの史跡を見落としたりする。このアングルで初めて撮った。あとで戻ってお参りをしておいた。
軽快です。
ここはお気に入りコースの一つ。
この桜もいいね。
青線の指示があるので橋を渡る。
新しく整備された道で広い。車は徐々に増えてくる。
これも青線の指示があるので川の北側へ。
ベタな名前の楠公園にて。
野上八幡宮にお参り。
海南高校美術部と書道部作の絵馬。毎年眺めるようになって何年目だろう。
この神社を過ぎたあたりから交通量が増えて景色も普通になり、サイクリングの面白みは大きく減る。
海南駅から輪行。

アップが遅れたのはココログが使いにくくなったから。
この日の走行距離111Km

| | コメント (0)

より以前の記事一覧